【F♯m7-5やCaug/F♯】F♯系コードの使い方【使用例】

【F♯m7-5やCaug/F♯】F♯系コードの使い方【使用例】

「F#m7-5」や「Caug/F#」の使い方が分からない方へ。どのように使えばいいのか、どのような代理として使えば良いのかを分かりやすく解説しています。応用例として「C7/F#」といったマイナーなコード進行も紹介しています。気になる方はぜひ、記事をご覧ください。

子供でもできるワーキングメモリを鍛えられるゲーム【おすすめ】

子供でもできるワーキングメモリを鍛えられるゲーム【おすすめ】

「子供のワーキングメモリを鍛えられるゲームってあるの?」「どうすれば子供の頭を良くすることができるの?」これらの疑問を解決します。本記事では子供におすすめなゲームを「どういうものがワーキングメモリを鍛えることが出来るのか」という疑問を解決し紹介しています。気になる方はぜひ記事をご覧ください。

ADHDの症状を抑えたいなら、まずワーキングメモリを鍛えるべき

ADHDの症状を抑えたいなら、まずワーキングメモリを鍛えるべき

「ワーキングメモリを鍛えると上げるとADHDの症状が抑えられるみたいだけど、ほんとに?」「何をしたらADHDの症状を抑える事ができるの?」

学校や仕事で上手くやるならワーキングメモリを鍛えろ【最効率】

学校や仕事で上手くやるならワーキングメモリを鍛えろ【最効率】

「ワーキングメモリを鍛えると頭良くなるらしいけど、どうやって鍛えるの?」「効率の良い鍛え方とかあれば知りたいな。」こういった疑問に答えます。本記事の内容はワーキングメモリを鍛える結論から答えたあと、ワーキングメモリに関係する前頭前野について解説し、より効率よく鍛えられるような解決策を出します。

【田中秀和】「Star!!」のコード進行【徹底解説】

【田中秀和】「Star!!」のコード進行【徹底解説】

この記事は、作曲・編曲:田中秀和の「Star!!」のコード進行の解説をします。Bメロからサビへの転調は減五度下のm7-5をピボットコードにしています。今回は短二度下への転調でしたが、中心軸システムを使って応用すれば、長二度上や完全四度上、長三度下へと転調できるかもしれません。気になる方はぜひ記事をご覧ください。

【田代智一】「ハレ晴レユカイ」のコード進行【徹底解説】

【田代智一】「ハレ晴レユカイ」のコード進行【徹底解説】

この記事は、作曲:田代智一、編曲:安藤高弘の「ハレ晴レユカイ」のコード進行の解説をします。ハレ晴レユカイはアニソンの基礎を作ったうちの一つと思っています。この曲の意思を受け継いだ曲は沢山あり、これ以降のアニソンを研究する上では欠かせないと考えています。興味のある方はぜひ記事をご覧ください。

【田中秀和】「灼熱スイッチ」のコード進行【徹底解説】

この記事は、作曲・編曲:田中秀和の「灼熱スイッチ」のコード進行の解説をします。コード進行に絞って解説しましたが、サビ前のシンセの駆け上がりは正にスイッチそのもののイメージで、楽器の使い方やSEの使い方もとても上手な曲です。灼熱スイッチはコードだけでなく、音の使い方なども勉強になる曲だと思います。ぜひ記事をご覧ください。

【DTM初心者でも分かる】アヴェイラブルノートスケールってなに?【音楽理論】

【DTM初心者でも分かる】アヴェイラブルノートスケールってなに?【音楽理論】

「アヴェイラブルノートスケールってなに?」「使い方とかよく分からない」「アヴェイラブルノートスケールってなに?」「使い方とかよく分からない」この記事では、これらの悩みを解決するために、DTM初心者の方でも分かるように優しく解説しています。ポップスだけしか作らないし関係ないやって思ってる方も応用すれば全然ポップスに使われている曲もあります。今より作風を広げたい方はぜひ記事をご覧ください。

【田淵智也&田中秀和】「はじめてのかくめい!」のコード進行を解説【サビ編】

【田淵智也&田中秀和】「はじめてのかくめい!」のコード進行を解説

この記事は、作詞・作曲:田淵智也、編曲:田中秀和の「はじめてのかくめい!」Bメロ部分のコード進行の解説をします。分数コードやパッシングディミニッシュを多用していますが、しっかりと考えて作られているので、まとまりがありキャッチ―な曲になっています。気になりましたらぜひ記事をご覧ください。

【田淵智也&田中秀和】「はじめてのかくめい!」のコード進行を解説【Bメロ編】

【田淵智也&田中秀和】「はじめてのかくめい!」のコード進行を解説

この記事は、作詞・作曲:田淵智也、編曲:田中秀和の「はじめてのかくめい!」Bメロ部分のコード進行の解説をします。Bメロは作曲者編曲者の技量が一番試される場面ですが、スケールトーンモーションや同主調からの借用した和音を上手く使い、期待感が演出されています。ぜひ記事をご覧ください。