THEORYに関する記事

【コード進行と代理】A系コードの使い方【応用例も解説】

【コード進行と代理】A系コードの使い方【応用例も解説】

「Aaug」や「A7♭9」の使い方が分からない方へ。どのように使えばいいのか、どのような代理として使えば良いのかを分かりやすく解説しています。実践的な内容も踏まえて、実際に使われている進行例などを出しながら優しく解説しています。気になる方はぜひ記事をご覧ください。

【コード進行と代理】G♯系コードの使い方【応用例】

【G♯dim7やG♯m7など】G♯系コードの使い方【進行例】

「G♯dim7」や「G♯m7」の使い方が分からない方へ。どのように使えばいいのか、どのような代理として使えば良いのかを分かりやすく解説しています。実践的な内容も踏まえて、実際に使われている進行例などを出しながら優しく解説しています。気になる方はぜひ記事をご覧ください。

【Gm7やFmM7-5/Gなど】G系コードの使い方【進行例】

【Gm7やFmM7-5/Gなど】G系コードの使い方【進行例】

「Gm7」や「FmM7-5/G」の使い方が分からない方へ。どのように使えばいいのか、どのような代理として使えば良いのかを分かりやすく解説しています。実践的な内容も踏まえて、実際に使われている進行例などを出しながら優しく解説しています。気になる方はぜひ記事をご覧ください。

【G/FやFmM7など】F系コードの使い方【進行例】

【G/FやFmM7】F系コードの使い方【進行例】

「G/F」や「FmM7」の使い方が分からない方へ。どのように使えばいいのか、どのような代理として使えば良いのかを分かりやすく解説しています。実践的な内容も踏まえて、実際に使われている進行例などを出しながら優しく解説しています。気になる方はぜひ記事をご覧ください。

【Em7-5やE7(♯9)など】E系コードの使い方【進行例】

【Em7-5やE7(♯9)など】E系コードの使い方【進行例】

「Em7-5」や「E7(♯9)」の使い方が分からない方へ。どのように使えばいいのか、どのような代理として使えば良いのかを分かりやすく解説しています。E系のコード進行は基本的に強進行するか、key=Dの2-5-1進行で用いるか、セカンダリドミナントを使うかの3パターンしかありません。気になる方はぜひ記事をご覧ください。

【E♭dim7など】E♭系コードの使い方【進行例】

【E♭dim7など】E♭系コードの使い方【進行例】

「E♭dim7」や「Aaug/E♭」の使い方が分からない方へ。どのように使えばいいのか、どのような代理として使えば良いのかを分かりやすく解説しています。E♭系のコード進行を使いこなすにはパッシングの知識が必要になります。気になる方はぜひ記事をご覧ください。

【DmM7やDaugなど】D系コードの使い方【進行例】

【DmM7やDaugなど】D系コードの使い方【進行例】

「DmM7」や「Daug」の使い方が分からない方へ。どのように使えばいいのか、どのような代理として使えば良いのかを分かりやすく解説しています。D系の使い方はとても簡単で、また2-5進行でよく出てくるため基本的な使い方、そして応用的な使い方を覚えられれば確実に編曲が上達します。気になる方はぜひ記事をご覧ください。

【D♭dim7やD♭M7など】D♭系コードの使い方【使用例】

【D♭dim7やD♭M7など】D♭系コードの使い方【使用例】

「D♭dim7」や「D♭M7」の使い方が分からない方へ。どのように使えばいいのか、どのような代理として使えば良いのかを分かりやすく解説しています。D♭系の使い方は大体2つのパターンしかありません。①ドミナントの代理として使うか。②セカンダリドミナントのように使うか。気になる方はぜひ記事をご覧ください。

【Cdim7やCaugなど】C系コードの使い方【使用例】

【Cdim7やCaugなど】C系コードの使い方【使用例】

「Cdim7」や「Caug」の使い方が分からない方へ。どのように使えばいいのか、どのような代理として使えば良いのかを分かりやすく解説しています。応用例としてトニックディミニッシュやトニックオーグメントといった普通の使い方ではない使い方も紹介しています。気になる方はぜひ、記事をご覧ください。

【F♯m7-5やCaug/F♯】F♯系コードの使い方【使用例】

【F♯m7-5やCaug/F♯】F♯系コードの使い方【使用例】

「F#m7-5」や「Caug/F#」の使い方が分からない方へ。どのように使えばいいのか、どのような代理として使えば良いのかを分かりやすく解説しています。応用例として「C7/F#」といったマイナーなコード進行も紹介しています。気になる方はぜひ、記事をご覧ください。