【コード進行と代理】A系コードの使い方【応用例も解説】

「A7(♭9)」や「Aaug」の使い方を知りたいし、使いこなせるようになりたい!

という方へ。これらのコードを分かりやすく解説し、応用できるような例なども用いて解説していきます。
また、全てkey=Cのコード解説になっています。

ポップスでよく使われるほとんどの和音まとめてます。
ポップスで良く使われる和音まとめ【コード進行と代理】

  本記事の内容

スポンサーリンク

Am7の使い方【コード進行と代理】

Am7の使い方【コード進行と代理】

①構成音と機能【Am7編】

Am7の構成音は、
「ラ」「ド」「ミ」「ソ」
です。

機能はトニックトニックマイナーです。

②代理コード【Am7編】

Am7は、Cの代理として使われます。
また、構成音が似ているEmF#m7-5に代理されることもあります。

テンションを使う場合は大抵「シ(9th)」が使われます。
Am7の終止感と導音「シ」の解決欲が混ざり、”バッドエンドで後味の悪い映画” みたいな何とも言えないモヤモヤを演出できます。

③よく使われるコード進行【Am7編】

①key=Aに部分転調しているパターン
Bm7-5E7Am7

key=Cに戻してみると、
Dm7-5G7Cm7
となっています。
つまりマイナーの2-5-1進行をしているわけですね。

またBm7-5Bm7に変えることもできます。

②下降クリシェで使うパターン
AmG#augC/GF#m7-5

よく使われる進行です。
「ド」「ミ」を保留しながら「ラ→ファ#」とベースが半音ずつ下がります。

③サブドミナントへ進行するパターン
Am7F#m7-5
Am7D7
Am7Dm7

このようにトニックサブドミナントと進行することもできます。
Am7Dm7Am7D7はベースが完全4度上に進行する強進行になっているので、綺麗に繋がります。

有名な6-2-5-1進行も、この進行を使っています。
Am7D7G7C

④トニックを継続させたパターン
CEm7Am7

このようにトニックを継続したような進行もあります。

しかし、トニックを継続するとアウトに近くなる進行もあります。
禁則:Am7C
言い換えると、Am7は代理後、Cは代理前のコードですよね。
代理後代理前」と進行するのはクラシックでは禁則にあたります。

④使用できるスケールと不協和音【Am7編】

Am7はCメジャーから作られる和音なので、CメジャースケールやAマイナースケールを使うことができます。

不協和なテンションは「ファ(♭13th)」「ド♯(M3rd)」です。
「ファ」の音はロングトーンで使わなければ許容される音なので、気にしすぎないようにしましょう。

A7の使い方【コード進行と代理】

A7の使い方【コード進行と代理】

①構成音と機能【A7編】

A7の構成音は、
「ラ」「ド♯」「ミ」「ソ」
です。

機能はトニックですが、セカンダリドミナントとして使われることもあります。

②代理コード【A7編】

A7は、代理としてD♭dim7や裏コードのD♯7として使われます。

テンションはドミナント系スケールに使われる音オルタードテンションを使うことができます。

③よく使われるコード進行【A7編】

①key=Dのドミナントとして使うパターン
Em7A7Dm7

これはkey=Dに部分転調しています。
また、Em7Em7-5と変えることもできます。

王道進行と組み合わせると、
FM7G7Em7-5A7Dm7
と進行できます。
ド→ラ」と半音ずつ下がる内声のクリシェが出来上がります。

②セカンダリドミナントとして使うパターン
A7Dm7

これもkey=Dに部分転調しているといえますが、セカンダリドミナントとして使われています。

また、よく「シ♭(♭9th)」のテンションを使うこともよくあります。
例えば、
CA7♭9Dm7
この進行では「シ→ラ」と半音ずつ下がる内声のクリシェができます。

④使用できるスケールと不協和音【A7編】

7thコードなので、ドミナント系スケールを使うことができます。
また、key=Dのセカンダリドミナントなので、DメジャースケールやDハーモニックマイナースケールを使うこともできます。

不協和音になるテンションは「レ(11th)」「ソ♯(M7th)」です。

A7の実際の使用例

A7♭9の実際の使用例

A7♭13の実際の使用例

A7(♭9,♭13)の実際の使用例

スポンサーリンク

Aaugの使い方【コード進行と代理】

Aaugの使い方【コード進行と代理】

①構成音と機能【Aaug編】

Aaugの構成音は、
「ラ」「ド♯」「ファ」
です。

機能はトニックですが、セカンダリドミナントとして使われることが多いです。

②代理コード【Aaug編】

AaugA7の代理として使われます。

またテンションに戻すと、A(♭13)と見ることもできます。

③よく使われるコード進行【Aaug編】

①セカンダリドミナントの代理として使われるパターン
AaugDm7

ファ(♯5th)」の傾きのある音を「ファ(m3rd)」で解決しています。
A7と同じように使っているだけです。

②augを解決するパターン
AaugA

ファ(♯5th)」の傾きのある音を半音下の「ミ(5th)」で解決します。
メロディも同じように「ファ→ミ」と半音をなぞるように歌うことが多いです。

④使用できるスケールと不協和音【Aaug編】

augコードなので、AホールトーンやAミクソリディアン♭6を使うことができます。

シンメトリーホールトーンスケールを使えばどの音でも使えることになるので、一応不協和音はありません。好きな音を使いましょう。

Aaugの実際の使用例

ポップスでよく使われるほとんどの和音まとめてます。
ポップスで良く使われる和音まとめ【コード進行と代理】

関連タグ

共有

スポンサーリンク