【コード進行と代理】B系コードの使い方【応用例も解説】

「B7」や「G/B」の使い方を知りたいし、使いこなせるようになりたい!

ポップスでよく使われるほとんどの和音まとめてます。
ポップスで良く使われる和音まとめ【コード進行と代理】

  本記事の内容

スポンサーリンク

Bm7-5の使い方【コード進行と代理】

Bm7-5の使い方【コード進行と代理】

①構成音と機能【Bm7-5編】

構成音は、
「シ」「レ」「ファ」「ラ」
です。

機能はサブドミナントです。

②代理コード【Bm7-5編】

Bm7-5は構成音が似ているF6Dm7の代理として使われます。

また、-5thではなく5thを選びBm7となることもあります。

③よく使われるコード進行【Bm7-5編】

①key=Aのマイナー2-5-1進行を使うパターン
Bm7-5E7Am7

例えば、これはカノン進行のリハモするときに使われます。
CBm7-5E7Am7

②サブドミナントを継続するパターン
Dm7Bm7-5
FM7Bm7-5

サブドミナント→サブドミナントとなっていて機能を継続している形になっています。
また、F#m7-5をサブドミナントと見れば、
F#m7-5Bm7-5
と進行することもできます。

④使用できるスケールと不協和音【Bm7-5編】

Cメジャーから作られる和音なので、CメジャースケールやCメロディックマイナースケールを使うことができます。

また、m7-5コードなので、Bロクリアン系のスケールを使うこともできます。

不協和なテンションは「ファ#(5th)」「レ#(M3rd)」です。

B7の使い方【コード進行と代理】

B7の使い方【コード進行と代理】

①構成音と機能【B7編】

B7の構成音は、
「シ」「ミ♭」「ソ♭」「ラ」
です。

機能はサブドミナントですが、セカンダリドミナントとして使われることが多いです。

②代理コード【B7編】

B7は裏コードのF7に代理できます。テンションを変えてFM7に変えることもできます。

7thコードなので、オルタードテンションを使うことができます。

③よく使われるコード進行【B7編】

①key=Eのドミナントとして使うパターン
B7Em7

この進行はサビ後半などクライマックス感が欲しい時によく使われます。
また、key=Eのマイナー2-5-1進行をすると、
F#m7-5B7Em7
と進行することもできます。

②ダブルドミナントで使うパターン
B7Bb7Am7

元のコード進行は、
B7E7Am7
で、B7ダブルドミナントとして機能しています。
またBb7E7裏コードです。

④使用できるスケールと不協和音【B7編】

7thコードなので、B-HMP5BやB-オルタードスケールなどドミナント系のスケールを使うことができます。

不協和なテンションは「ラ♯(M7th)」「ミ(11th)」です。

B7の実際の使用例

スポンサーリンク

G/Bの使い方【コード進行と代理】

G/Bの使い方【コード進行と代理】

①構成音と機能【G/B編】

構成音は
「シ」「ソ」「レ」
です。

機能はサブドミナントドミナントです。

表記を変えるとBm(♭13)omit5です。

②代理コード【G/B編】

G/BGの代理として使われます。

Gが転回されて、ベースが3度の音に変化したと考えてください。

③よく使われるコード進行【G/B編】

①カノン進行で使われるパターン
CG/BAm7

スケールトーンを一音ずつ下がっていく進行でよく使われます。
Gの代理なのでしっかりトニックへ進行しています。

②スケールトーンを上がっていくパターン
GG/AG/BC
GG#BbG/BC

前者はCメジャーのスケールトーンを上がり、後者は途中までCマイナーのスケールトーンを上がっていっています。

これも同じくトニックCへと着地しています。

④使用できるスケールと不協和音【G/B編】

構成音だけみるとGなので、GミクソリディアンやGミクソリディアン♭6などを使用できます。

また、Bm(-13)なのでBマイナー系のスケールを使うこともできます。

G/Bの実際の使用例

ポップスでよく使われるほとんどの和音まとめてます。
ポップスで良く使われる和音まとめ【コード進行と代理】

関連タグ

共有

スポンサーリンク