【Cdim7やCaugなど】C系コードの使い方【使用例】

「”Cdim7″や”Caug”といったコードの使い方が分からないよ」

という方へ。これらのコードを分かりやすく解説し、応用できるような例なども用いて解説していきます。
また、全てkey=Cのコード解説になっています。

ポップスでよく使われるほとんどの和音まとめてます。
ポップスで良く使われる和音まとめ【コード進行と代理】

  本記事の内容

スポンサーリンク

Cのコード解説

Cのコード解説

①構成音と機能【C編】

Cの構成音は、
「ド」「ミ」「ソ」
です。一番基本となる和音で、主和音とも呼ばれます。

機能は普通にトニックですね。一番安定しています。

②代理コード【C編】

Cは構成音が似ているAm7F#m7-5などに代理されます。

F#m7-5サブドミナントの機能もあり、それはこちらで解説しています。

③コード進行【C編】

Cは主和音といってkey=Cの基礎的な和音なので、どこへでも進行できますし、どこからでもCに着地できます。

ただ、機能和声ではトニックマイナートニックを禁則進行とするので、Am7→CEm7→Cなどはポップスではあまり好まれない響きをしています。

またCを使った上昇クリシェは、
CCaugC6C7
と進行します。5度の音が半音ずつ上昇していきます。
よく使用されるクリシェなので覚えておいても良いかもしれません。

④使用できるスケール【C編】

基本的にはメジャー系のスケールなら用いる事ができます。
CリディアンやCミクソリディアンなどです。

CM7のコード解説

CM7のコード解説

①構成音と機能【CM7編】

CM7の構成音は、
「ド」「ミ」「ソ」「シ」
です。

こちらは主和音にM7th音を加えた和音になります。
なので、機能はCと変わりません。

②代理コード【CM7編】

CM7は構成音が似ているEm7に代理されます。

③コード進行【CM7編】

CM7もCと同様にどこからでもどこへでも進行できます。

例えば、
CM7Gm7
CM7F#m7-5
CM7E♭dim7
などです。どれもポップスではよく使われている進行です。

④使用できるスケール【CM7編】

基本的にはCリディアンスケールやCイオニアンスケールを使うことができます。
Cミクソリディアン7音目M7thとぶつかってしまうので使うことが出来ません。

CM7の実際の使用例

スポンサーリンク

Csus4のコード解説

Csus4のコード解説

①構成音と機能【Csus4編】

Csus4の構成音は、
「ド」「ファ」「ソ」
です。主和音の3rd音を半音上げた音になります。

機能は同じくトニックです。

②コード進行【Csus4編】

Csus4は、
Csus4C
とほぼCへと着地します。
理由としては「ファ」の音は「ミ」へ着地したい欲求の働く音だからです。

また、Csus43rd音がない音で経過和音と呼びます。
F/G3rdがないので経過和音ですね。

Cdim7のコード解説

Cdim7のコード解説

①構成音と機能【Cdim7】

構成音は、
「ド」「ミ♭」「ソ♭」「ラ」
です。

機能はトニックです。
またdimコードですが、パッシングディミニッシュ的な用法で用いられることは少なく、トニックディミニッシュとして用いられます。

参考:パッシングディミニッシュの説明と使い方【徹底解説】

トニックディミニッシュとは?
サウンドのカラーを変えるための和音。
例えば、4小節C→C→C→Cと進行しても味気ないので、C→Cdim7→C→Cdim7と変えます。
どちらもトニックなのですが、CとCdim7とでカラーが違い変化を生み出すことが出来ます。

②代理コード【Cdim7編】

もしCdim7がパッシングディミニッシュならB7G#7の代理として用いられます。
トニックディミニッシュならC代理コードです。

③コード進行【Cdim7編】

Cdim7トニックディミニッシュと考えて進行する場合はベース音内声音を分けて考えます。

CCdim7Fm/C
といった進行がありますが表記を変えると、
CF#dim/CFm/C
とオンコードになります。内声だけみると
CF#dimFm
と動いています。
これは「トニック→トニックマイナー→サブドミナントマイナー」と正しい動きをしています。

つまり、F#dimから進行できるコードへ、オンコードで進行すればいいわけです。

④使用できるスケール【Cdim7編】

dimコードなので、ディミニッシュスケールやコンディミを使うことが出来ます。
しかし、ポップスではコードトーンをなぞるようなメロディが多いように感じます。

スポンサーリンク

Caugのコード解説

Caugのコード解説

①構成音と機能【Caug編】

構成音は、
「ド」「ミ」「ソ#」
です。

機能はトニックです。
Cdim7と同じように、Caug「トニックオーグメント」「セカンダリドミナントの代理」として用いられる二つの種類があります。
このCaugは基本的にセカンダリドミナントの代理として用いる事が多いようなイメージはあります。

②代理コード【Caug編】

CaugC7の代理として用いられることが多いです。

また、トニックオーグメントとして用いるならCの代理です。

③コード進行【Caug編】

Caugをセカンダリドミナントとして見る場合は、
C7FM7
を代理して、
CaugFM7
と進行できます。

また、トニックオーグメントとして見る場合は、トニックディミニッシュと同じように、サウンドのカラーを変えるために使われます。

C編で解説したクリシェもサウンドのカラーを変えるためにクリシェしているわけです。
CCaugC6C7

④使用できるスケール【Caug編】

augコードなので、ホールトーンスケールやシンメトリーオーグメントスケールなどを用いる事ができます。
他にはCミクソリディアン♭6なども用いる事が出来ます。

Caugの実際の使用例

C7のコード解説

C7のコード解説

①構成音と機能【C7編】

構成音は、
「ド」「ミ」「ソ」「シ♭」
です。

機能はトニック、セカンダリドミナントです。
C7Cdim7と同じように「トニックセブンス」「セカンダリドミナントの代理」の二つの用法があります。
トニックセブンスはブルースなどでよく出てきます。

②コード進行【C7編】

C7をセカンダリドミナントとして見る場合は、
C7FM7
のように使用します。

また、トニックセブンスとして用いる場合は、Cの代わりとして使います。
CFGC
という進行を全て7thにします。
C7F7G7C7
このようにCの代理としてC7が使われる場合、トニックセブンスと呼ばれます。

③使用できるスケール【C7編】

7thコードなので色々使うことが出来ます。
ホールトーンミクソリディアン♭6コンディミHMP5Bなどがあります。

ポップスでよく使われるほとんどの和音まとめてます。
ポップスで良く使われる和音まとめ【コード進行と代理】

関連タグ

共有

スポンサーリンク