【DmM7やDaugなど】D系コードの使い方【進行例】

「”DmM7″や”Daug”といったコードの使い方が分からないよ」

という方へ。これらのコードを分かりやすく解説し、応用できるような例なども用いて解説していきます。
また、全てkey=Cのコード解説になっています。

ポップスでよく使われるほとんどの和音まとめてます。
ポップスで良く使われる和音まとめ【コード進行と代理】

  本記事の内容

スポンサーリンク

Dm7のコード解説

Dm7のコード解説

①構成音と機能【Dm7編】

Dm7の構成音は、
「レ」「ファ」「ラ」「ド」
です。
サブドミナントサブドミナントマイナーとして機能します。

Cメジャーのスケールトーンから作られた和音です。
これをダイアトニックコードとも呼びます。

②代理コード【Dm7編】

Dm7F代理として使われます。

FM7FM9に近づけるため、Dm9Dm7(13)などのテンションを乗せることもあります。

③コード進行【Dm7編】

①普通の2-5進行で使われるパターン
Dm7G7C
Dm7D7G7C
Dm7D7/F#G7C

この2-5-1進行で終止感を出すことが出来ます。ポップスでこれが使われていない曲はあまり見ません。
G7の前にD7を挟み込む進行もあって、これは期待感高まる進行になります。
D7を転回してベースをF#にする進行もあります。これはお好みで変えてください。

ちなみ、D7/F#は構成音が似ているF#m7-5F#dim7代理されることもあります。

②スケールトーンを上がっていくときに使うパターン
Dm7Em7FM7G7

この進行はBメロ(サビ前)など盛り上げたい時の前によく使われます。

③スケールトーンを下っていくときに使うパターン
FM7Em7E♭dim7Dm7

これもポップスではかなり使われます。Em7Dm7の進行にE♭dim7パッシングディミニッシュで挟み込んだ形になっています。
参考:パッシングディミニッシュの説明と使い方【徹底解説】

④key=Dに部分転調してると見たパターン
Em7A7Dm7
Em7-5A7Dm7

これらの進行も良く使われます。例えば王道進行に使う場合は、
FG7Em7A7Dm7
のようにDm7まで進行できます。
また、Em7-5key=Dマイナーに部分転調してると考えてください。

⑤サブドミナント→サブドミナントマイナーのパターン
FM7Dm7
D7Dm7

この進行もよくあって、大体はここから
FM7Dm7G7C
のように2-5-1進行で締める事が多いです。

⑥サブドミナントマイナーを継続するパターン
Fm7Dm7

Dm7Fm7
Dm7G#7

これらの進行はBメロでよく使われているイメージがあります。
一番目はFm7のサブドミナントマイナーな音を継続しています。
二番目三番目の次は大体G7Em7へ進みます。

④使用できるスケール【Dm7編】

DドリアンスケールDフリジアンスケールなど、色々なスケールを使う事ができます。
また「ド#(ビバップスケール)」「レ#」も不協和にならずに使えます。「ファ#」を鳴らすとコードトーンの「ファ」と♭9thでぶつかるので不協和になります。

しかし、ポップスではあまり難解なスケールは使わず、Cメジャースケールを使う事の方が多いです。

DmM7のコード解説

DmM7のコード解説

①構成音と機能【DmM7編】

DmM7の構成音は
「レ」「ファ」「ラ」「ド#」
です。

機能はDm7と同じくサブドミナントサブドミナントマイナーです。
Dm7の7thの音が何らかの理由でM7thに変化したと考えます。

②代理コード【DmM7編】

DmM7Dm7の代理として使われます。
ただテンションの乗り方が変わっているだけです。

③コード進行【DmM7編】

あまり見ないコードですが、使い方は二つのパターンがあります。

①Em7へ進行する時に7thが変位するパターン
Dm7DmM7Em7

これは「ド→ド#→レ」の半音動きを作るために挿入されています。

②G7へ進行する時に7thが変位するパターン
Dm7DmM7G7

こちらも「ド→ド#→レ」の半音動きを作るために挿入されています。

④使用できるスケール【DmM7編】

DハーモニックマイナースケールDナチュラルマイナースケールを使うことが出来ます。
Dm7と同じように「ファ#」を鳴らすと一気に不協和になります。

また、ポップスではコードトーン(主にM7thの音)をなぞる事が多く、特定のスケールを使っている事はほとんどありません。

DmM7を実際に使用している例はこちら
DmM7の使用例

スポンサーリンク

Dm7-5のコード解説

Dm7-5のコード解説

①構成音と機能【Dm7-5編】

Dm7-5の構成音は、
「レ」「ファ」「ラ♭」「ド」
です。

Dm7-5サブドミナントマイナーとして機能します。
また、Cマイナーから作られる和音です。

②代理コード【Dm7-5編】

Dm7-5Dm7Fm6の代理として用いられます。

Dm7のマイナー版Fm6は構成音が似ているから。という理由です。

③コード進行【Dm7-5編】

基本的には2-5進行で使われます。

①マイナーの2-5進行で使うパターン
Dm7-5G7C

これは2-5進行だけマイナーになったパターンです。
マイナーっぽさを主張するため、G7G7♭9Dm7-5/Gに代理されることもあります。

②サブドミナントマイナーを継続するパターン
Dm7-5Fm7

これはサブドミナントマイナーの機能を継続してFm7へと引き継いでいます。

④使用できるスケール【Dm7-5編】

m7-5なので、DロクリアンスケールD♮2ロクリアンスケールを使うことが出来ます。
基本的にはD♮2ロクリアンスケールを使いますが、ポップスではメロディで「ラ♭」の音を主張する方が多いです。

Dm7-5を実際に使用している例はこちら
Dm7-5の使用例

D7のコード解説

D7のコード解説

①構成音と機能【D7編】

D7の構成音は、
「レ」「ファ#」「ラ」「ド」
です。

機能はセカンダリドミナント、サブドミナントとして使われます。

②代理コード【D7編】

D7F#m7-5F#dim7に代理されます。

裏コードのG#7系に代理されることもあります。

③コード進行【D7編】

①セカンダリドミナントとして使用するパターン
Am7D7G7

これはkey=Gの2-5-1進行として見たパターンです。

①の応用として、6-2-5-1進行があります。
Am7D7G7C

これは「ソ→ファ#→ファ→ミ」と半音ずつ下降していく進行になっています。

②サブドミナント経由で使用するパターン
FM7D7Dm7G7

このようにサブドミナント→サブドミナントと機能を継続するような進行もあります。

④使用できるスケール【D7編】

7thコードなので、ドミナント系のスケールを使うことが出来ます。
DミクソリディアンD-HMP5Bなどです。

D7を実際に使用している例はこちら
D7の使用例

スポンサーリンク

Daugのコード解説

Daugのコード解説

①構成音と機能【Daug編】

Daugの構成音は、
「レ」「ファ#」「ラ#」
です。

機能はサブドミナントやセカンダリドミナントとして機能します。

②代理コード【Daug編】

Daugは構成音が似ているためD7の代理として使われます。

またDaug7が使われることもあります。

③コード進行【Daug編】

基本的にはD7と同じように使われます。

①2-5進行で使うパターン
DaugG7C

②サブドミナント継続するパターン
FM7Daug

④使用できるスケール【Daug編】

augコードなのでDホールトーンスケールDミクソリディアン♭6スケールを使うことが出来ます。

ポップスでよく使われるほとんどの和音まとめてます。
ポップスで良く使われる和音まとめ【コード進行と代理】

関連タグ

共有

スポンサーリンク