【D♭dim7やD♭M7など】D♭系コードの使い方【使用例】

「”D♭dim7″や”D♭M7″といったコードの使い方が分からないよ」

という方へ。これらのコードを分かりやすく解説し、応用できるような例なども用いて解説していきます。
また、全てkey=Cのコード解説になっています。

ポップスでよく使われるほとんどの和音まとめてます。
ポップスで良く使われる和音まとめ【コード進行と代理】

  本記事の内容

スポンサーリンク

D♭7のコード解説

D♭7のコード解説

①構成音と機能【D♭7編】

D♭7の構成音は、
「レ♭」「ファ」「ラ♭」「シ」
です。
ドミナントとして機能します。

また、D♭7G7の裏コードと呼ばれます。

裏コードをザックリ説明すると、減五度↓の7thコードです。
例えば、A7の裏コードE♭7D7裏コードG#7

②代理コード【D♭7編】

D♭7は主にG7の代理として用いられます。

裏コード同士は機能が同じなので、G7の代わりにD♭7を使うことが出来ます。

③コード進行【D♭7編】

D♭7はポップスでは基本的にG7の代理で使われます。

①2-5-1のドミナント代理で使うパターン
Dm7G7C
という2-5-1進行を代理すると、
Dm7D♭7C
となります。

他の使われ方としては、ドミナントを継続させる使い方があります。

②ドミナントの解決を遅らせるために使うパターン
FB♭7D♭7C
これはB♭7ドミナントの解決を遅らせるため「ドミナント→ドミナント」と継続させているだけです。

参考:【田中秀和】「灼熱スイッチ」のコード進行【徹底解説】

④使用できるスケール【D♭7編】

ジャズだと「D♭リディアンドミナントスケール」を使う事が多いです。
これは「Gオルタード」=「D♭リディアンドミナント」で同じ音階を使うためです。

しかしポップスだとコードトーンをなぞるくらいで、スケールを用いた動きはほぼないです。
あえて音階を付けるとしたら7thコードなのでコンディミミクソリディアン系などドミナントで使えるスケールを付けてあげます。

実際にD♭7を使用している例はこちら
D♭7の使用例

D♭M7のコード解説

D♭M7のコード解説

①構成音と機能【D♭M7編】

D♭M7の構成音は、
「レ♭」「ファ」「ラ♭」「ド」
です。

機能として「ファ」「シ」G7由来の音はないですが、一応ドミナントです。

②代理コード【D♭M7編】

D♭M7G7の代理として用いられます。

厳密には違いますが、「メロディでロングトーンのドを使いたいからGsus4を鳴らそう」Gsus4F/Gなどと同じ感覚で使って良いと思います。

③コード進行【D♭M7編】

D♭M7G7の代理で、メロディで「ド」を使いたい時によく用いられます。

綺麗な使い方としては、
①マイナーの2-5-1進行を代理するパターン
Dm7-5D♭M7C
です。

なぜなら、
Dm7-5D♭M7
の進行で「ファ」「ラ♭」「ド」を残したままベースだけ半音下降しています。
一瞬だけ下降クリシェするので綺麗に繋がるというわけです。

④使用できるスケール【D♭M7編】

D♭M7D♭7と同じように、コードトーンで鳴らすことがほとんどです。
あえて付けるならD♭イオニアンD♭リディアンになると思います。

曲中でD♭M7を使用している例はこちら
D♭M7の使用例

スポンサーリンク

D♭dim7のコード解説

D♭dim7のコード解説

①構成音と機能【D♭dim7編】

D♭dim7の構成音は、
「レ♭」「ミ」「ソ」「シ♭」
です。

機能は中心軸システムに従うと一応ドミナントです。

参考:【DTM初心者でも分かる】コード機能の説明と解説【音楽理論】(記事後半に中心軸システムの解説)

②代理コード【D♭dim7編】

D♭dim7A7C7代理コードとして用いられます。
使い方はほとんどがパッシングディミニッシュです。

参考:【DTM初心者でも分かる】パッシングディミニッシュの説明と使い方【徹底解説】

③コード進行【D♭dim7編】

D♭dim7は基本的に上昇パッシングディミニッシュとして使われます。

つまり、
①パッシングディミニッシュとして進行するパターン
CD♭dim7Dm7
という進行パターンがあります。

他の使い方としては、上記リンクで解説しているdimコードの成り立ちからC7代理としても用いる事が出来るので、

②C7の代理として用いるパターン
D♭dim7FM7
D♭dim7F#m7-5
と進行することが出来ます。

④使用できるスケール【D♭dim7編】

dimコードなので、D♭ディミニッシュスケールD♭コンディミなどを使うことが出来ます。

代理であることを考えれば、C-HMP5Bや、A-HMP5Bなども使えます。

曲中で実際に使用している例はこちら
D♭dim7の使用例

Gaug/D♭のコード解説

Gaug/D♭のコード解説

①構成音と機能【Gaug/D♭編】

Gaug/D♭の構成音は、
「レ♭」「ソ」「シ」「ミ♭」
です。

主にセカンダリドミナントのように使われます。
また機能はドミナントです。

②代理コード【Gaug/D♭編】

Gaug/D♭は主にG7代理として用いられます。

元のGaugに減五度関係となるベースを挿入した形となっています。

③コード進行【Gaug/D♭編】

①G7やGaugの代理として使うパターン
Dm7Gaug/D♭C
と進行できます。

④使用できるスケール【Gaug/D♭編】

blkコードなので、D♭ホールトーンスケールD♭リディアンドミナントスケールを使うことが出来ます。

実際にGaug/D♭が使われている曲はこちらです。
Gaug/D♭の実際の使用例

ポップスでよく使われるほとんどの和音まとめてます。
ポップスで良く使われる和音まとめ【コード進行と代理】

関連タグ

共有

スポンサーリンク