【Em7-5やE7(♯9)など】E系コードの使い方【進行例】

Em7-5とかE7の使い方を知りたいな。

という方へ。これらのコードを分かりやすく解説し、応用できるような例なども用いて解説していきます。
また、全てkey=Cのコード解説になっています。

ポップスでよく使われるほとんどの和音まとめてます。
ポップスで良く使われる和音まとめ【コード進行と代理】

  本記事の内容

スポンサーリンク

Em7のコード解説

Em7のコード解説

①構成音と機能【Em7編】

Em7の構成音は、
「ミ」「ソ」「シ」「レ」
です。
トニックドミナントとして機能します。

②代理コード【Em7編】

Em7は代理に、構成音が似ているCM9G7が用いられます。

しかしポップスでは、このような代理で用いられることは少なく、王道進行や別keyの2-5-1進行でよく使われます。

③コード進行【Em7編】

①スケールトーンを上がっていくパターン
Dm7Em7FG

これはEm7がスケールトーンから出来る和音の性質を利用しています。
スケールトーンを上がっていく(また下がっていく)進行は「スケールトーンモーション」と呼ばれます。
ただの「ドレミファソ」を和音でやってるだけなので機能は気にせず使えます。

②スケールトーンを下がっていくパターン
FEm7Dm7

これはスケールトーンモーションの下降バージョンです。
「ファ→ミ→レ」と和音で一斉に下っているだけと考えましょう。

③王道進行で使うパターン
FG7Em7Am7

この進行を王道進行と呼びます。
また、FDm7に代わることもあり、
Dm7G7Em7Am7
をループさせ、
Em7Am7Dm7G7
と前半後半を入れ替えた王道進行(亜種)も存在します。

④key=Dの2-5-1進行で使うパターン
Em7A7Dm7

ポップスでは一時的に他keyからコード進行を持ってくることがあります。
ここではkey=Dから持ってきたのですが、先ほどの王道進行と組み合わせると、
FGEm7A7Dm7
と進行できます。
この進行はよく使われる進行なので、シッカリ覚えておきましょう。

④使用できるスケール【Em7編】

Cメジャースケールから出来る和音なので、CメジャーやEフリジアンスケールを使うことが多いです。
協和的な音は「ド♯」「シ♭」「ソ♭」です。
逆に不協和な音は「ソ♯」「ド」です。

Em7-5のコード解説

Em7-5のコード解説

①構成音と機能【Em7-5編】

Em7-5の構成音は、
「ミ」「ソ」「シ♭」「レ」
です。
機能はEm7と同じくトニックドミナントとして機能します。

②代理コード【Em7-5編】

Em7-5は代理に、構成音が似ているC9Gm7に用いられます。

しかしEm7と同じくポップスではこのような代理として使われることは少ないです。

③コード進行【Em7-5編】

①2-5-1進行で使うパターン
Em7-5A7Dm7

これはkey=Dのマイナー2-5-1進行です。
王道進行と組み合わせると、
FGEm7-5A7
と進行できます。
ド→シ→シ♭→ラ」とクリシェが作られるので、そこをストリングスやベルでなぞることが多いです。

④使用できるスケール【Em7-5編】

m7-5コードなので、Eロクリアン系のスケールを使うことができます。

協和的な音は「ド♯」です。
不協和な音は「レ♯」「シ」です。

Em7-5の実際の使用例

スポンサーリンク

E7のコード解説

E7のコード解説

①構成音と機能【E7編】

E7の構成音は、
「ミ」「ソ♯」「シ」「レ」
です。
機能はドミナントです。

②代理コード【E7編】

E7G#dim7B♭7(裏コード)を代理で用いることができます。

特にG#dim7は王道進行と相性が良いため、よく使われます。

③コード進行【E7編】

①Am7のセカンダリドミナントとして使うパターン
E7Am7

これは2-5-1進行に拡張して、
Bm7-5E7Am7
と進行する場合もあります。
王道進行に組み合わせるなら、
FGE7Am7
と進行します。

②ダブルドミナントとして使うパターン
E7A7

これもパターン1と同じで、Am7A7になったと考えてください。
セカンダリドミナントが二回以上続く進行のことを「ダブルドミナント」と呼びます。

使用できるスケール【E7編】

7thコードなので、E-HMP5BやEミクソリディアンなどのドミナント系のスケールを使うことができます。

E7の実際の使用例

E7(♯9)のコード解説

E7(♯9)のコード解説

①構成音と機能【E7(♯9)編】

E7(#9)の構成音は、
「ミ」「ソ♯」「シ」「レ」「ソ」
です。
ピアノやストリングス系のウワモノで9th音を使う場合は、バス音をベースに任せて、rootは省略してボイシングすることがあります。

例えば、
ピアノ「ソ#」「レ」「シ」「ソ」
ベース「ミ」
のようにボイシングします。

②代理コード【E7(♯9)編】

E7(#9)E7の代理として使われます。

E7サウンドを少し変えたい狙いで#9thをテンションに乗せてると考えてください。

③コード進行【E7(♯9)編】

①セカンダリドミナントとして使うパターン
E7(♯9)Am7

これはE7と同じように使っています。
サビ前のキメで使うパターンが多いので、敢えて分けて解説しました。

E7(#9)の実際の使用例

ポップスでよく使われるほとんどの和音まとめてます。
ポップスで良く使われる和音まとめ【コード進行と代理】

関連タグ

共有

スポンサーリンク