【E♭dim7など】E♭系コードの使い方【進行例】

「”E♭dim7″や”Aaug/E♭”といったコードの使い方が分からないよ」

という方へ。これらのコードを分かりやすく解説し、応用できるような例なども用いて解説していきます。
また、全てkey=Cのコード解説になっています。

ポップスでよく使われるほとんどの和音まとめてます。
ポップスで良く使われる和音まとめ【コード進行と代理】

  本記事の内容

スポンサーリンク

E♭7のコード解説

①構成音と機能【E♭7編】

E♭7の構成音は、
「ミ♭」「ソ」「シ♭」「レ♭」
です。
トニックとして機能しますが、よくセカンダリドミナントの代理として用いられます。

②代理コード【E♭7編】

E♭7A7裏コードとして良く代理されます。

裏コードをザックリ説明するなら、減五度下の7thコードです。
例えば、G7の裏コードはC#7D7の裏コードはG#7

③コード進行【E♭7編】

①裏コードで代理されるパターン
Em7E♭7Dm7

この進行は本来なら、key=Dの2-5-1進行である、
Em7A7Dm7
と進行しますが、セカンダリドミナントA7が代理されてE♭7になっています。

また、ベース「ミ」「ミ♭」「レ」半音ずつ下降させるために用いる事もあります。

④使用できるスケール【E♭7編】

7thコードなので、E♭HMP5BE♭コンディミなどが使用できますが、ポップスで使う場合はコードトーンをなぞるだけでスケール感を出す事はあまりありません。

また、E♭7から見た「ド(13th)」をぶつけても不協和にはならないので、メロディで使っている曲などもあります。
E♭7の実際の使用例

E♭dim7のコード解説

①構成音と機能【E♭dim7編】

E♭dim7の構成音は、
「ミ♭」「ソ♭」「ラ」「ド」
です。

機能はトニックとして機能し、セカンダリドミナントの代理として用いられることが多いです。

そもそもdimコードの作られ方が分からないよ!」って方はこちらの記事で分かりやすく解説しているので参考にしてみてください。
大抵のdimコードがどのように作られているかが一発で分かるようになります。

→パッシングディミニッシュの説明と使い方【徹底解説】

②代理コード【E♭dim7編】

E♭dim7B7D7代理として用いられます。

元がB7の場合はセカンダリドミナントの代理

元がD7の場合はD7♭9ルートが省略された使い方。

です。
次のコード進行で詳しく説明します。

③コード進行【E♭dim7編】

①下降パッシングディミニッシュとして使われるパターン
Em7E♭dim7Dm7

このE♭dim7D7の代理として使われる形です。
元々のコードが、
Em7D7♭9Dm7
でベースを省略した形と考えてください。

②上昇パッシングディミニッシュとして使われるパターン
Dm7E♭dim7Em7

これはB7の代理として使われる形で、
Dm7B7♭9/E♭Em7
のようなリハーモナイズを施したと考えてください。

③パッシング以外のD7の代理として使われるパターン
Am7E♭dim7Dm7

よくある勘違いですが、dimコードはパッシング以外でも使えます
ただパッシング用法で使うと「ベースの半音動き」が作れて便利なだけです。
リスナーを驚かせて一気に引き込みたい時に使いましょう。

④使用できるスケール【E♭dim7編】

dim7コードなのでE♭ディミニッシュE♭コンディミを使うことが出来ます。

ポップスでは「ド」のロングトーンで伸ばしたり、「ド」「ラ」だけのメロディで使うことが多いです。
E♭dim7の実際の使用例

スポンサーリンク

Aaug/E♭のコード解説

①構成音と機能【Aaug/E♭編】

Aaug/E♭の構成音は、
「ミ♭」「ラ」「ド♯」「ファ」
です。また、E♭blkのようにコード表記される場合もあります。

機能はトニックですが、こちらもセカンダリドミナントとして使われる場合が多いです。

②代理コード【Aaug/E♭編】

Aaug/E♭A7代理として用いられます。

元のAaugから、中心軸システムを使ってベースを減五度↓(E♭)に動かしたものです。もちろん機能は変わりません。

コード機能の説明と解説【中心軸システムは記事後半】

③コード進行【Aaug/E♭編】

①パッシング的に挟み込むパターン
Em7Aaug/E♭Dm7

これは、key=Dの2-5-1進行である、
Em7A7Dm7
A7代理した形になっています。

④使用できるスケール【Aaug/E♭編】

blkコードなのでホールトーンスケールや、リディアンドミナントスケールを使うことが出来ます。

Aaug/E♭の実際の使用例

Cm/E♭のコード解説

①構成音と機能【Cm/E♭編】

Cm/E♭の構成音は、
「ミ♭」「ソ」「ド」
です。

機能としてはトニックセカンダリドミナントの代理として使われることが多いです。

コード表記を変えると、E♭6(omit5)です。

②代理コード【Cm/E♭編】

Cm/E♭A7E♭7の代理などに使われます。

Cm転回系ではなく、E♭6(omit5)のように使うことが多いです。

③コード進行【Cm/E♭編】

①A7の代理として使われるパターン
Em7Cm/E♭Dm7

ほぼこのコード進行の流れで使われます。

④使用できるスケール【Cm/E♭編】

Cマイナー系スケールを使うことが出来ます。が、あえて「6th」の音を入れているので「6th」の音を強調することが多いです。

Cm/E♭の実際の使用例

スポンサーリンク

E♭M7のコード解説

①構成音と機能【E♭M7編】

E♭M7の構成音は、
「ミ♭」「ソ」「シ♭」「レ」
です。

機能はトニックです。こちらもセカンダリドミナントの代理として使われるパターンが多いです。

②代理コード【E♭M7編】

E♭M7A7E♭代理として使われることが多いです。

「ミ♭」「レ」がぶつかることで浮遊感が出せます。
E♭7より明るくお洒落な響きになります。

③コード進行【E♭M7編】

基本的にはE♭7と同じように使われます。

①裏コードの代理として使われるポターン
Em7E♭M7Dm7

この進行では「レ」の音を保留できるため、E♭7と比べて動きが少なく落ち着いた印象を受けます。

④使用できるスケール【E♭M7編】

M7コードなので、E♭リディアンイオニアンを使うことが出来ます。

E♭M7の実際の使用例

ポップスでよく使われるほとんどの和音まとめてます。
ポップスで良く使われる和音まとめ【コード進行と代理】

関連タグ

共有

スポンサーリンク