【G/FやFmM7】F系コードの使い方【進行例】

G/FとかFmM7の使い方を知りたいな。

という方へ。これらのコードを分かりやすく解説し、応用できるような例なども用いて解説していきます。
また、全てkey=Cのコード解説になっています。

ポップスでよく使われるほとんどの和音まとめてます。
ポップスで良く使われる和音まとめ【コード進行と代理】

  本記事の内容

スポンサーリンク

FM7のコード解説

FM7のコード解説

①構成音と機能【FM7編】

FM7の構成音は、
「ファ」「ラ」「ド」「ミ」
です。
サブドミナントとして機能します。

②代理コード【FM7編】

FM7は代理として、機能が同じのDm7や構成音が似ているF#m7-5が使われます。

テンションは9thの音を使われることが多く、FM9もよく用いられます。

③コード進行【FM7編】

①スケールトーンを下がっていくパターン
FM7Em7Dm7

これはFM7Cメジャーのスケールトーンから作られる和音の性質を利用しています。
スケールトーンを下がっていく(または上がっていく)進行をスケールトーンモーションと呼びます。

間にパッシングディミニッシュやF#m7-5を挟んだ進行もよく見られます。
F#m7-5FM7Em7E♭dim7Dm7

②スケールトーンを上がっていくパターン
Dm7Em7FM7G7

これもスケールトーンモーションです。
盛り上げたい時に使うことが多い進行です。

③王道進行で使われるパターン
FM7G7Em7Am7

王道進行の頭で使われます。そしてこのFM7はよくDm7に代理され、
Dm7G7Em7Am7
と進行することもあります。

④セカンダリドミナントで着地するパターン
C7FM7

FM7のセカンダリドミナントであるC7を利用してFM7へと着地できます。
また、key=Fに部分転調していると見て2-5-1進行を使った、
Gm7C7FM7
といった進行もあります。

④使用できるスケール【FM7編】

Cメジャーから作られる和音なので、CメジャースケールやFリディアンスケールを使うことが多いです。

協和的なテンションは「ミ♭(7th)」「ソ(9th)」「ソ♯(♯9th)」「シ(♯11th)」「レ(13th)」です。
不協和なテンションは「ファ♯(♭9th)」「シ♭(11th)」です。

F7のコード解説

F7のコード解説

①構成音と機能【F7編】

F7の構成音は、
「ファ」「ラ」「ド」「ミ♭」
です。
機能はサブドミナントです。

②代理コード【F7編】

F7は代理として、FM7裏コードB7を使うことができます。

テンションはドミナント7thと同じように、オルタードテンションなど使えますが、よく用いられるのは「ソ(9th)」「ソ♭(♭9th)」です。

③コード進行【F7編】

①サブドミナントの機能を継続する進行
FM7F7

この進行は「ミ→ミ♭」半音のクリシェが作られるので、頻度は少ないですが使われることもあります。

②B7の代理として使うパターン
F7Em7

この進行は、Em7のセカンダリドミナントのB7を代理しています。
B7Em7
またkey=Eに部分転調して2-5-1進行をしていると考え、
F#m7-5B7Em7
といった進行もできます。

③上で解説した組み合わせパターン
FM7F7Em7

このように上で解説した2つの進行を組み合わせて進行することもできます。

④使用できるスケール【F7編】

7thコードなので、ドミナント系スケールFコンディミFオルタードを使うこともできますが、基本的にはCメジャーに近いFドミナントリディアンを使うことが多いです。

不協和なテンションは「ミ(M7th)」「シ♭(11th)」です。
「シ♭(11th)」は使えないこともないですが、「ミ(M7th)」はかなり不協和になるので注意です。
他のテンションは協和的(というか比較的リスナーに許容される音)なので、使いたいイメージがあるときは積極的に使っていきましょう。

F7の実際の使用例

スポンサーリンク

G/Fのコード解説

G/Fのコード解説

①構成音と機能【G/F編】

G/Fの構成音は、
「ファ」「ソ」「シ」「レ」
です。
コード表記を変えると、F69(♯11th)omit3,5です。

機能はサブドミナントとして機能します。

②代理コード【G/F編】

G/Fは代理として、構成音が似ているG7FM7が用いられます。

またテンションまみれの音なので、これにプラスしてテンションを加えることはほぼありません。

③コード進行【G/F編】

①7thがベースの転回系の進行先パターン
G/FEm7

半音下のコードに着地するパターンです。古典和声ではこの進行が良いとされます。

王道進行に組み込むと、
FM7G/FEm7Am7
となり、よく使われる進行になります。

④使用できるスケール【G/F編】

G7の転回系なので、GミクソリディアンFリディアンを使うことができます。

G/Fの実際の使用例

Fmのコード解説

Fmのコード解説

①構成音と機能【Fm編】

Fmの構成音は、
「ファ」「ラ♭」「ド」
です。
7thの場合は「ミ♭」M7thの場合は「ミ」の音です。

機能はサブドミナントマイナーとして用いられます。

②代理コード【Fm編】

Fmは構成音に「ラ♭」が含まれます。
なので同じように、構成音に「ラ♭」が含まれるG#B♭7Dm7-5が代理として使えます。

③コード進行【Fm編】

①サブドミナント→サブドミナントマイナーの進行パターン
FM7Fm7
FM7FmM7

と進行できます。7thのテンションはメロディとの兼ね合いで決めましょう。
FmM7の方が、内声の動きが「ラ→ラ♭」だけになるので、Fm7より綺麗につながります。

②サブドミナントマイナー→トニックの進行パターン
Fm7Em7
Fm7C

このような進行することもあります。
Fm7Em7の場合では、「ファ→ミ」とベースが半音で動くため美しく繋がります。

③サブドミナントマイナー→ドミナントの進行パターン
Fm7G7
Fm7B♭7

サブドミナントマイナーはカデンツの流れを意識すると、このようにドミナントへ進むと綺麗です。

▼カデンツの説明はこちらの記事で解説しています。
コード機能の説明と解説【音楽理論】

④以上を踏まえた上で、実際の進行パターン

・ベースが半音ずつ動くような進行パターン
F#m7-5FmM7Em7E♭dim7Dm7

この元の進行は、
FM7FmM7Em7Dm7
です。
それを代理パッシングディミニッシュを挿入し、リハモすることによってベースが「ファ#→レ」まで半音ずつ動く進行が作られます。

・Fm7を転調のキッカケとして使うパターン
Fm7B♭7D#

D#以前はkey=Cの曲で、D#からkey=D#の曲になると想像してください。
これをkey=Cに戻すと、
Dm7G7C
となります。転調前にドミナント7thを使っていますね。
つまり、この進行を使えば違和感なく転調できるわけです。

実際に使われる例としては、
Bメロ(key=C)サビ(key=D#)
Dm7Em7Fm7B♭7D#
と進行します。これも同じようにD#からkey=D#の曲が始まります。

・メジャー⇔マイナーを行ったり来たりする進行パターン
CGm7FM7Fm7

CFM7Cメジャーの音階から作られる和音です。
Gm7Fm7Cマイナーの音階から作られる和音です。

また、Fm7トニックに戻れるので、
Fm7C
と繋いで循環コードにすることもできます。

④使用できるスケール【Fm編】

FmCマイナーから作られる和音なのでCマイナー系スケールを使うことができます。

不協和なテンションは「ソ(M3rd)」「レ♭(♭13th)」の音です。

Fm7の実際の使用例

FmM7の実際の使用例

ポップスでよく使われるほとんどの和音まとめてます。
ポップスで良く使われる和音まとめ【コード進行と代理】

関連タグ

共有

スポンサーリンク