【F♯m7-5やCaug/F♯】F♯系コードの使い方【使用例】

「”F#m7-5″や”Caug/F#”の使い方が分からないよ」

という方へ。これらのコードを分かりやすく解説し、応用できるように例なども用いて説明しています。
また、key=Cでのコード解説となっています。

ポップスでよく使われるほとんどの和音まとめてます。
ポップスで良く使われる和音まとめ【コード進行と代理】

  本記事の内容

スポンサーリンク

F♯m7-5のコード解説

F♯m7-5のコード解説

構成音と機能【F♯m7-5編】

F♯m7-5の構成音は、
「ファ#」「ラ」「ド」「ミ」
です。

機能はC6FM7に似ているので、トニックサブドミナントとして扱われます。

代理コード【F♯m7-5編】

F♯m7-5は、
サブドミナントで構成音が似ているFM7Dm9など、
トニックで構成音が似ているC6Amなど、
の代理として使われます。

進行先【F♯m7-5編】

①「m7-5」なので、key=Eの2-5進行と見たパターン。
F#m7-5B7Em7

②上記のB7の裏コードF7を用いたパターン。
F#m7-5F7Em7

③上記のF7の「7th」を保留するためにFM7にしたパターン。
F#m7-5FM7Em7

④サブドミナントマイナーに進行するパターン
F#m7-5FmM7
F#m7-5B♭7

進行前【F♯m7-5編】

①下降クリシェでやってくるパターン。
AmG#augC/GF#m7-5

②強進行でやってくるパターン。
C7F#m7-5
CaugF#m7-5

使用できるスケールとコード使用例【F♯m7-5編】

Cリディアンから作られるコードなので、Cリディアンスケールを使用することが出来ます。

また、m7-5コードなのでF#ロクリアンスケールなど、ロクリアン系スケールを使うことも出来ます。

実際に曲に使われている例はこちらです。
F#m7-5の実際の使用例

F♯dim7のコード解説

F♯dim7のコード解説

構成音と機能【F♯dim7編】

F#dim7の構成音は、
「ファ#」「ラ」「ド」「ミ♭」
です。

主にパッシングディミニッシュとして使われます。
中心軸システムに従って無理やり機能を付けるとしたらトニックです。

中心軸システムについてはこちらの記事の最後の方にて解説しています。

代理コード【F♯dim7編】

F#dim7は主にD7D7♭9代理として用いられます。
D7やD7♭9のベースが省略され、3rdがベースになったと考えてください。

コード進行【F♯dim7編】

①パッシングディミニッシュとして使われるパターン
FM7F#dim7G7

②D7の代理として使われるパターン
Am7F#dim7G7C

使用できるスケールとコード使用例【F♯dim7編】

dim7コードなので、F#ディミニッシュスケールF#コンビネーションディミニッシュスケール(通称コンディミ)を用いる事ができます。

実際に曲に使われている例はこちらです。
F#dim7の実際の使用例

スポンサーリンク

Caug/F♯のコード解説

Caug/F♯のコード解説

構成音と機能【Caug/F♯編】

Caug/F#の構成音は、
「ファ#」「ソ♯」「ド」「ミ」
です。

主にセカンダリドミナントのように使われます。
中心軸システムに従って無理やり機能を付けるならトニックになります。

代理コード【Caug/F♯編】

Caug/F#は主にC7の代理として用いられます。

augは元々7thの代理として用いられます。
そこに減五度関係となるベースを挿入したと考えてください。

コード進行【Caug/F♯編】

①key=Fの2-5-1進行における、C7の代理として使うパターン。
Gm7Caug/F#FM7

②パッシングするように挟み込むパターン。
G7Caug/F#FM7

使用できるスケールとコードの使用例【Caug/F♯】

このコードで使用できるスケールは、F#ホールトーンスケールF#リディアンドミナントスケールなどを用いる事が出来ます。

実際に使われている曲はこちらになります。
Caug/F#の実際の使用例

C7/F♯のコード解説

C7/F♯のコード解説

構成音と機能【C7/F♯編】

C7/F#の構成音は、
「ファ#」「ソ」「ド」「ミ」
となります。

こちらも主にセカンダリドミナントのように用いられ、機能はトニックです。

代理コード【C7/F♯編】

C7/F#は主にC7の代理として使われます。

C7の「ド」と減五度関係になるようなベースを付け足したと考えてください。

コード進行【C7/F♯編】

①key=Fの2-5-1のC7の代理として使うパターン。
Gm7C7/F#FM7

使用できるスケールとコード使用例【C7/F♯】

C7/F#Cリディアンドミナントから作られる和音なので、Cリディアンドミナントスケールを用いる事が出来ます。
また、F#オルタードスケールも使うことができます。

実際に使われている曲は「7 Girls War」のサビです。

ポップスでよく使われるほとんどの和音まとめてます。
ポップスで良く使われる和音まとめ【コード進行と代理】

関連タグ

共有

スポンサーリンク