【G♯dim7やG♯m7など】G♯系コードの使い方【進行例】

「G♯dim7」や「G♯m7」の使い方を知りたいし、使いこなせるようになりたい!

という方へ。これらのコードを分かりやすく解説し、応用できるような例なども用いて解説していきます。
また、全てkey=Cのコード解説になっています。

ポップスでよく使われるほとんどの和音まとめてます。
ポップスで良く使われる和音まとめ【コード進行と代理】

  本記事の内容

スポンサーリンク

G♯M7のコード解説

①構成音と機能【G♯M7編】

G♯M7の構成音は、
「ソ♯」「ド」「レ♯」「ソ」
です。

機能はサブドミナントサブドミナントマイナーとして機能します。

②代理コード【G♯M7編】

G#M7は、Fm7の代理として使われます。
また、構成音が似ているD#6Bb7などにも代理されます。

テンションとしてはM7thではなく、「ファ(6th)」を加えてG#6も同じように使用できます。
好きな響きとか、狙いたいイメージ、メロディとの兼ね合いで決めると良いでしょう。

③コード進行【G♯M7編】

①スケールトーンを上がっていくパターン
G7G#M7Bb6C

ポップスでよく使われる進行で、G#M7からCマイナーに部分的に転調しています。
この進行の特徴としては、構成音に全て「ソ」の音が入っているので、コードが進行している間も「ソ」のロングトーンのメロディを使うことができます。

②G#dim7っぽく使うパターン
CG#Am7

G#はベースが「ソ♯」なので意外性を出すために、ベースが同じG#dim7っぽく使われる場合があります。

機関車トーマスのテーマもこの進行を使っているので、勝手に「トーマス進行」と呼んでいます。

④使用できるスケール【G♯M7編】

Cマイナーから作られる和音なので、Cマイナースケールを使うことができます。
また、M7thコードなのでG#リディアンやG#イオニアンなども使えます。

不協和なテンションは「ラ(♭9th)」「ド♯(11th)」です。

G#の実際の使用例

G♯7のコード解説

①構成音と機能【G♯7編】

G♯7の構成音は、
「ソ♯」「ド」「レ♯」「ファ♯」
です。

機能はサブドミナントですが、7thコードなのでセカンダリドミナントとして使われることも多いです。

②代理コード【G♯7編】

G#7は、D7の裏コードとして代理されます。

ドミナント7thで使えるテンションは使えますが、ポップスのG♯7ではあまり使っているところは見ません。
使うとしたら、前と後のコードの繋がりを意識しつつ「ラ(♭9th)」「シ♭(9th)」辺りは使えるかなぁと思います。

例えば、
G#7♭9B♭7C
といったように「ラ→ラ♭→ソ」と半音の動きを作りたい時に使えますね。

③コード進行【G♯7編】

①D7の裏コードで使うパターン
Dm7G#7G7

これは、
Dm7D7G7
という進行を代理しています。驚かせつつ盛り上がるようなイメージを感じます。

②6-2-5-1進行で使うパターン
Am7G#7G7C

6-2-5-1進行の
Am7D7G7C
をリハモした形です。
特徴的な「ソ→ファ#→ファ→ミ」の内声の動きは引き継がれているので、知名度は低いですが時々見かける進行です。

③スケールトーンを下がっていくようなパターン
CBb7Am7G#7G7

この進行もよく使われます。
元の進行は
CE7Am7D7G7
で、E7D7を裏コードに代理した進行です。

」の音を保留にしたい場合は、ベースの音だけ引き継いで、
CBb6Am7G#6G7
といった進行もよく使われます。

④使用できるスケール【G#7編】

7thコードなので、ドミナント系スケールを使うことができます。

不協和なテンションは「ソ(M7th)」です。

G#7の実際の使用例

スポンサーリンク

G♯dim7のコード解説

①構成音と機能【G♯dim7編】

G#dim7の構成音は、
「ソ♯」「シ」「レ」「ファ」
です。

機能はサブドミナントですが、セカンダリドミナントの代理として用いられるパターンが多いです。

②代理コード【G♯dim7編】

G#dim7は、E7の代理として使われます。

E7♭9のルートを省略して、ベースを三度に変えた形です。
これは上昇パッシングディミニッシュと同じ成り立ち方で、こちらの記事で詳しく解説しています。

パッシングディミニッシュの説明と使い方【徹底解説】

③コード進行【G♯dim7編】

①パッシングディミニッシュとして使われるパターン
G7G#dim7Am7

ベースが半音で動かしたい時に使われます。

②E7の代理として使われるパターン
FM7G#dim7Am7

元の進行は、
FM7E7Am7
ですが、このE7を代理しています。

また、①と②で紹介したG#dim7は代わりにE7/G#を使うこともできます。

・王道進行で使われるパターン
FM7G7E7/G#Am7

これは00年代~10年代前半のアニソンによく見られた進行で、Em7をセカンダリドミナントのE7に代理したあと、ベースをG#へと変えてベースの繋がりを綺麗にしています。
もちろん使用頻度は少なくなりましたが、現在でも使われている進行です。

④使用できるスケール【G♯dim7編】

dim7コードなので、G#コンディミやG#ディミニッシュなど使うことができます。
また、E7/G#は分子が7thコードなので、Eドミナント系スケールを使うことができます。

G#dim7の実際の使用例

G♯augのコード解説

①構成音と機能【G♯aug編】

構成音は、
「ソ♯」「ド」「ミ」
です。

機能はサブドミナントトニックとして機能します。

②代理コード【G♯aug編】

G#augは、構成音が同じCaugや似ているG#の代理、E7の代理として使われるパターンもあります。
別の使われ方としては下降クリシェでも使われます。

それではコード進行について、詳しい実際に使われる進行を解説します。

③コード進行【G♯aug編】

①下降クリシェで使うパターン
AmG#augC/GF#m7-5

この使い方が一番認知度が高いと思います。
「ド」「ミ」を保留したまま、ベースを半音ずつ移動させるために使われています。

②トーマス進行の代理パターン
CG#augAm7

本来のトーマス進行は
CG#Am7
ですが、「ミ」を保留させるためにaugコードへ変えているわけです。

また、見方を変えれば、
CE7Am7
このE7を代理した「E(♭13)omit5/G#」としてみることもできます。

④使用できるスケール【G♯aug編】

augコードなので、G#ホールトーンやG#ミクソリディアン♭6など使えますが、基本的にはコードトーンをなぞるだけの場合が多いです。

G#augの実際の使用例

スポンサーリンク

G♯m7のコード解説

①構成音と機能【G♯m7編】

構成音は
「ソ♯」「シ」「レ♯」「ファ♯」
です。

機能はサブドミナントです。

②コード進行【G♯m7編】

①平行移動するときに使うパターン
Am7G#m7Gm7C7

この進行で使われます。
特にFuture Bassなどによく出る進行です。

Am7が平行移動している形なので、覚えておくと簡単に引き出しが増えると思います。

③使用できるスケール【G♯m7編】

m7コードなので、マイナー系スケールを使えますが、基本的にはコードトーンをなぞっている曲が多いです。

G#m7の実際の使用例

ポップスでよく使われるほとんどの和音まとめてます。
ポップスで良く使われる和音まとめ【コード進行と代理】

関連タグ

共有

スポンサーリンク