【田代智一】「ハレ晴レユカイ」のコード進行【徹底解説】

この記事は、作曲:田代智一、編曲:安藤高弘の「ハレ晴レユカイ」のコード進行の解説をします。
また、簡単のため「Key=C」に移調して解説しています。
機能としてトニックはC、サブドミナントはF、ドミナントはGの色分けしています。セカンダリドミナントはE7とします。
しかし、同じコードでもクラシック目線、ジャズ目線で異なる機能を持つことが多いので、参考程度に見てください。

スポンサーリンク

「ハレ晴レユカイ」の動画とコード進行 【田代智一】

コード進行の全体像を見る

【イントロ】
C |G/B E7b9 |Am |Gm7 C7 |
FM7 |Em7 Am7 |Dm9 |G |

【Aメロ】
C |G/B |Am7 |F G |
C |E7 |Am7 |Dm7 G |
C |G/B |Am7 |F G |
C |E7 |Am7 |Dm Em |F G|

(ここから短三度上に転調)

【Bメロ】
F |G/F |Em |F |
Dm Em |F#m7-5 B7 |E |F# |

(ここから短二度下に転調)

【サビ】
C |Bm7-5 E7 |Am7 |Gm7 C7 |
F |Em7 Am7 |D# |G |
C |Bm7-5 E7 |Am7 |Gm7 C7 |
F |Em7 Am7 |Dm7 |G |
G#M7 |G#M7 |B |B |
Bb B Bb ~

【イントロ】「ハレ晴レユカイ」のコード進行を解説【田代智一】

【イントロ】「ハレ晴レユカイ」のコード進行を解説【田代智一】

【イントロ】
C |G/B E7b9 |Am |Gm7 C7 |
FM7 |Em7 Am7 |Dm9 |G |

イントロでは、スーパーSAWのような音色がメインメロディになっています。
また基本的に難しいコード進行はなく結構ストレートです。

【一行目】最初はカノン進行の亜種【イントロ】

C |G/B E7b9 |Am |Gm7 C7 |

ここは、カノン進行の亜種です。

 カノン進行とは?
「C→G/B→Am7→C/G→F→Em7→Dm7→G」のように、ベースがスケールトーンを一音ずつ下がっていく進行のこと。
前半の四小節は「ソ」の音を保留するように作ると安定し、後半の四小節が映えやすくなる。

G/Bはテンション表記するとBm(♭13)です。
なので、
BmE7Am
key=Aの2-5-1進行を使っているという見方もできます。

また、Gm7からも
Gm7C7FM7
key=Fの2-5-1進行が用いられています。

【二行目】後半は強進行祭り【イントロ】

FM7 |Em7 Am7 |Dm9 |G |

Em7からずっと強進行しています。

 強進行とは?
ベースが完全4度上(または完全5度下)へ動く進行のこと。
繋がりが強く自然な進行になります。

ちゃんと最後は
Dm7GC
2-5-1進行で終わっています。
この強進行を経て2-5-1で終わらす進行は、ポップスではほぼ出てくるので覚えておきましょう。

スポンサーリンク

【Aメロ】「ハレ晴レユカイ」のコード進行を解説【田代智一】

【Aメロ】「ハレ晴レユカイ」のコード進行を解説【田代智一】

【Aメロ】
C |G/B |Am7 |F G |
C |E7 |Am7 |Dm7 G |
C |G/B |Am7 |F G |
C |E7 |Am7 |Dm Em |F G|

四小節ごとにシッカリCへと着地しているので、Bメロで開放感のあるイメージを上手く出せています。
それでは、Aメロの進行の解説をしていきます。

メロディでセカンダリドミナントのE7を強調する【Aメロ】

二行目や四行目にE7がありますが、ここのメロディは、
「ど」「こ」「ま」「で」「も」
「シ」「ソ♯」「ソ♯」「レ」「ド」
と、強拍で「ソ♯」の音を強調していますね。
セカンダリドミナント上のメロディで、コードの3度を鳴らすとセカンダリドミナントの印象を強調をすることができます。

参考:セカンダリドミナントの説明と使い方【徹底解説】

【Bメロ】「ハレ晴レユカイ」のコード進行を解説【田代智一】

【Bメロ】「ハレ晴レユカイ」のコード進行を解説【田代智一】

F |G/F |Em |F |
Dm Em |F#m7-5 B7 |E |F# |

ここではAメロから短三度転調しています。
Aメロがkey=Cだとすると、Bメロはkey=E♭です。
では、どのように転調しているのかという疑問を解決しましょう。

どうやって転調しているの?【Bメロ】

Aメロから見たコード進行は、
G(Aメロ)→G#(Bメロ)
です。
このG#同主調から借用した和音で、これを転調のピボットコードにしています。

またBメロから見たコード進行は、
D(Aメロ)→E(Aメロ)→F(Bメロ)
スケールトーンモーションを駆け上がるような進行になっているので、自然に繋がります。

 スケールトーンモーションとは?
「ドレミファソラシド」のスケールトーンを一音ずつ上がっていく(または下がっていく)ような進行。
ただ1音ずつ変わるだけなので、個々のコードの機能はあまり考えなくても良いです。

【一行目】4-5-3-4進行で爽やかさを出す【Bメロ】

F |G/F |Em |F |

ここは4-5-3-4進行の亜種です。
G/FG7FM7の代理として用いられます。
本来の4-5-3-6進行の最後を裏切ってFに変える為、浮遊感も安定感もあるような和音になります。

【二行目】ここで二回も転調する【Bメロ】

Dm Em |F#m7-5 B7 |E |F# |

DmEmと、それ以降もスケールトーンモーションで駆け上がると思わせつつ、F#m7-5へ進行します。
F#m7-5B7E
key=Eの2-5-1進行になっています。
つまり、ここで一旦部分転調しているわけです。

F#m7-5B7EF#
key=Eに部分転調していると考えます。すると、
Dm7-5G7CD
ですよね。
EF#と意味不明な進行は、ただのCDという進行だと分かりました。

ただこのDなのですが、実はこれサビ頭のコードセカンダリドミナントとしても機能しています。
ここで解説するとややこしくなるのでサビ編にて詳しく解説します。
今のところBメロの最後は、ただC→Dの進行をしているだけと考えていて下さい。

スポンサーリンク

【サビ】「ハレ晴レユカイ」のコード進行を解説【田代智一】

【サビ】「ハレ晴レユカイ」のコード進行を解説【田代智一】

C |Bm7-5 E7 |Am7 |Gm7 C7 |
F |Em7 Am7 |D# |G |
C |Bm7-5 E7 |Am7 |Gm7 C7 |
F |Em7 Am7 |Dm7 |G |
G#M7 |G#M7 |B |B |
Bb B Bb ~

サビではBメロから見て短2度下に転調しています。
まずは転調の仕方について解説し、そのあとにサビのコード進行について解説します。

どうやって転調しているの【サビ】

サビへ移る前後はBメロから見ると、
D(Bメロ)→G(サビ)
となっています。
ではサビから見てみましょう。
G(Bメロ)→C(サビ)
となりました。これはドミナントトニックですよね。
このようにドミナントの解決を使用して転調するものが一番オーソドックスで違和感なく転調することが出来ます。

【一行目】カノン進行をリハモしただけ!【サビ】

C |Bm7-5 E7 |Am7 |Gm7 C7 |

カノン進行リハモしたこの形、ポップスでは頻出のコードです。

 リハモとは?
リハーモナイズの略で、あるコード進行を代理や部分転調を行い別のコード進行に変える事です。
例えば「C→G/B→Am7」を「C→Bm7-5→E7→Am7」と変える事をリハモといいます。

Bm7-5E7Am7
このコード進行はkey=Aのマイナーの2-5-1進行です。
また、
Gm7C7F
key=Fのマイナー2-5-1進行です。

こういった2-5進行を挟むリハモの仕方はよくあります。
カノン進行の場合は、
CG/BAm7C/GFM7
と進行しますが、2-5-1進行の着地点Am7FM7に決めます。(この着地点は自分の好きなように決めてOKです。)
あとは着地点に向かって2-5進行をするだけ。
CBm7-5E7Am7Gm7C7FM7
となります。(2-5-1進行の色を付けています。)

ちなみに、2-5-1進行の2の部分コードネーム「m7」「m7-5」か自由に選んで構いません。

【二行目】このD#ってなに?【サビ】

F |Em7 Am7 |D# |G |

前半部分は、
FEm7Am7
とよくある強進行ですね。4-5-3-6進行の5抜きバージョンという見方もできます。

しかし、後半のD#はどこからやってきたのでしょうか。
結論としてはFmの代理としてD#を使っています」
D#サブドミナントマイナーの代理として使える理由はこちらの記事で解説しています。ヒントは「ラ♭」の音。

参考:コード機能の説明と解説【音楽理論】

Am7トニックなので、代理前のC以外ならどこへでも自然に進行することが出来ます。元々は、
Am7FmG
というコード進行でしたが、Fmを代理してあげて、
Am7D#G
と変わっただけです。

【五行目】ゆっくりと部分転調して転調感を弱める【サビ】

G#M7 |G#M7 |B |B |

四行目の最後のGからG#M7へと進行します。
サビからイントロへと繋げるには、長二度下へ転調しなければなりません。
長二度の転調は上手くしてあげないと「転調しました!!!」とかなり主張してしまいます。その転調感を弱めるために二小節ずつゆっくりと部分転調しているわけです。

サビから見たこのコードは、
GG#M7B
となっています。このG#M7同主調からの借用和音と見て良いでしょう。
しかしその次の進行の、
G#M7B
コードネームだけを見ると、かなり違和感のあるコード進行です。
サビから見ても理解できないので、イントロから見てみましょう。

イントロから見たコード進行は、
AB♭M7C#
となっています。
AB♭M7サビから見て解決できましたので、問題のコード進行は、
B♭M7C#
の部分ですよね。ここは中心軸システムという、裏コードの概念が拡張された機能を決めるテクニックを用いれば解決できます。

参考:コード機能の説明と解説【音楽理論】(記事後半にて解説しています)

中心軸システムによると、ベースの音が「シ♭」「ド♯」の場合はドミナントと機能がつけられます。
なので、ここはただドミナントドミナントと進行しているのです。

ここで、いまいち納得できない方はC#G7裏コードと解釈してください。
B♭M7G7
と、このコード進行もドミナントドミナントですよね。

そこから先はメロディとコードが一緒になって動いているだけです。

【田代智一】 「ハレ晴レユカイ」のコード進行の解説まとめ

ハレ晴レユカイはアニソンの基礎を作ったうちの一つと思っています。
音作りやメロディライン、コード進行どれをとっても「これ今期のアニソンだよ」と、この曲を知らない人に説明すれば騙されるのではないでしょうか。

この曲の意思を受け継いだ曲は沢山あり、これ以降のアニソンを研究する上では欠かせないと考えています。
今回はコード進行に絞って解説しましたが、メロディや音使いなどをMIDIや手持ちのシンセなどで研究する価値は十分にあると思います。

関連タグ

共有

スポンサーリンク