ポップスの楽器編成【音域、アレンジ方法、作り方を解説】

ポップスの楽器編成ってどうなってるの?Midiのどの音域を使えば良いのかとか知りたい。

こんな疑問をお持ちのあなたへ。

本記事では、ポップスの楽器構成と楽器の使い方についてまとめました。これからポップスを勉強したい方や作りたい方は、これを機会にしっかり身に着けておきましょう。

スポンサーリンク

ポップスの楽器編成【どんな楽器が使われるの?】

ポップスの楽器編成【どんな楽器が使われるの?】

ポップスではバンドサウンドから始まりストリングスやブラスなど色々な楽器を使いキャッチーにまとめ上げます。

ここでは基本的な楽器と良く使われる楽器を紹介していきます。

バンドサウンド【基本的なポップスの楽器編成】

・ドラム
・ベース
・ピアノ(もしくはシンセ)
・ギター

これらの楽器が使われることが多いです。

低音がベース、中高音がピアノ・ギターで役割分担をしてアレンジをしていきます。

バンドサウンドの音域は?

バンドサウンドの音域は?

編曲するときの音域は、
ベース:E1~C3
ピアノ:C2~G4
ギター:E1~C5
※Cubase10の基準です。(DAWによって違います)
くらいで作ると上手くいきやすいです。

もちろん、安定感が欲しい時にピアノがC1を抑えたり、騒がしさが欲しい時にベースが高フレットまで登ってきたりするので、とりあえずの基準と考えておくと良いです。

簡単なバンドサウンドの作り方【ポップス編】

バンドサウンドにもフュージョンだったりプログレだったりジャンルはありますが、ここではポップス(JPOP)の作り方を解説していきます。

自分の場合は、
①ピアノ(仮)
②ドラム
③ベース
④ピアノ
⑤ギター(ピアノとベースが鳴ってない音域を鳴らす)
こんな感じで作ります。

ただ作る順番は本当に自由で、人によってはドラムから打ち込んだりベースから作ったり。一番作りやすい制作方法が見つかるまで色々な作り方をしてみましょう。

また、作風によってはピアノを抜いてギター2本にしたりすることも。この選択も作りたい曲によって変えてみると良いです。

ポップスでよく使われる楽器構成【ストリングスとかブラスとか応用編】

ポップスでよく使われる楽器構成【ストリングスとかブラスとか】

ポップスではバンドサウンド+ストリングスやブラスなど色々な楽器が使われます。

色々使われますが、代表的なものだけ紹介していきます。

ストリングス【ポップスでよく使われる楽器構成】

「ストリングス+バンドサウンド」はポップスで一番使われる楽器構成と思っています。

・ヴァイオリン1st(Vn 1st)
・ヴァイオリン2nd(Vn 2nd)
・ヴィオラ(Vla ,Va)
・チェロ(Vc)
・コントラバス(Cb)
上の方の楽器は高音域担当で、下の方は低音域担当です。

主にこの5つが使われますが、全てを使うと重みのあるサウンドになるので、軽やかさが欲しい時は「Vn1st, Vn2nd, Va, Vc」の上4つだったり「Vn1st, Vn2nd, Vc」のヴィオラとコントラバスを抜いた3つだったりを使うこともあります。

ストリングスは「旋律を作る目的」と「コード感を強くする目的」のどちらかで使うことが多く、歌がブレスしてる時は「ストリングスが対旋律」を鳴らして、ボーカルが歌ってる時は「コード感を強くするストリングス」みたいに使い分けが重要になります。

ブラス【ポップスでよく使われる楽器構成】

「ブラス+バンドサウンド」はポップスでも良く使われます。

・トランペット(Tp)
・アルトサックス(A.Sax)
・テナーサックス(T.Sax)
・トロンボーン(Tb)

この辺りが良く使われます。
ストリングスと同じように、3つの場合や4つの場合があり、「Tp-Tp-Tp」「Tp-Tp-Tb」「Tp-Tp-A.Sax-Tb」「A.Sax-T.Sax-Tb」と色々なバリエーションがあり、要は大体何でも大丈夫です。

ブラスは派手なサウンドになりやすく強調したいシーンに使うことが多いので「使う場面はサビだけ」「イントロのブラスメロだけ」などと限定されやすいです。

FXやSEなど【ポップスでよく使われる楽器構成】

FXはザックリ言うと「サビ前とかに良く使われるシュワーみたいな音」の事です。

バンドではあまり使われませんが、ポップスのバンドサウンドだと良く使われます。こういうFXとかSEが入ってるのがポップスの一つの特徴です。

他にも水たまりみたいな「ポチャン」みたいな可愛いSEや、「ドカーン!」みたいなインパクト系のFX、「ピピーッ!」みたいな笛なども良く使われます。

木琴、ベル【シロフォン、マリンバなど】

可愛い系のポップスでは木琴やベルなどもよく使われます。

使われ方は比較的簡単で「目立つメロディとユニゾン(オクターブ)で鳴らす」ものが大半です。
曲を聴いてるだけでは分かりにくいですが、Instバージョンを聴いてみるとサビの後半などになってたりします。

シンセサイザー【和音を鳴らす目的、旋律を鳴らす目的】

シンセサイザーの使い方も「和音の強調、旋律をならす」どちらの目的でも使われます。

パッド系の音色を使って和音を強調したり、スーパーSAW系やサイン波などで対旋律を担当したり、ボーカルと一緒にオクターブで鳴らして強調することもあります。

色々な使われ方がするので、これは好きな曲から使い方を学ぶと良いです。

和音を鳴らしかたは?【コード進行とか】

ストリングスやブラスは和音を鳴らすことが多いので、こちらの知識も抑えておきましょう。
→URL準備中

共有

スポンサーリンク