【DTM初心者でも分かる】モードってなに?【音楽理論】

「モードってなに?」
「モードについて調べたけどよくわからないや」

この記事では、これらの悩みを解決するために、DTM初心者の方でも分かるように優しく解説しています。
モードを理解して曲作りに活かせるようになれば、作風がめちゃくちゃ広がりますし、個性的な曲で他人と差を付けられます。また、ポップスだけしか作らないし関係ないやって思ってる方も応用すれば全然ポップスに使われている曲もあります。
今より作風を広げたい方はぜひ記事をご覧ください。

①中心音とチャーチモードの解説

②モードの特性音の解説

③チャーチモードにはない音階の解説

と順序立てて分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

【DTM初心者でも分かる】モードってなに?【音楽理論】

【DTM初心者でも分かる】モードってなに?【音楽理論】

モードについて学ぶ前に基礎知識として、中心音について学びましょう。

中心音の解説

結論として「中心音とはkeyのこと」です。

曲には「中心音」があります。
例えばkey=Cというと中心音は「ド」で、key=Aなら中心音は「ラ」です。
key=Cのメジャースケールだったら中心音は「」で、
,レ,ミ,ファ,ソ,ラ,シ,
の音を使って曲が展開されます。
key=Aのマイナースケールだったら中心音は「」で、
,シ,ド,レ,ミ,ファ,ソ,
の音を使って曲が展開されます。

key=Cのメジャースケールとkey=Aのマイナースケールは一見同じに見えますが、「中心音」が違います。
例えば、中心音から見た三番目の音を見ます。
key=Cのメジャースケールは中心音「ド」で三番目の音は「ミ」ですね。
key=Aのマイナースケールは中心音「ラ」で三番目の音は「ド」ですね。
「ド」と「ミ」は長三度離れています。
「ラ」と「ド」は短三度離れています。
この半音の違いから曲のイメージを作り出すのです。

チャーチモードの解説

結論として「チャーチモードはメジャースケールから派生するスケールをモードにしたもの」
チャーチモードは別名「教会旋法」とも呼ばれます。

まずは「メジャースケールから派生するスケール」から解説します。
Cメジャースケール
というのは、
,レ,ミ,ファ,ソ,ラ,シ,
ですね。

メジャースケールの「レ」から始まる音階をDドリアンスケール
,ミ,ファ,ソ,ラ,シ,ド,

「ミ」から始まる音階をEフリジアンスケール
,ファ,ソ,ラ,シ,ド,レ,

「ファ」から始まる音階をFリディアンスケール
ファ,ソ,ラ,シ,ド,レ,ミ,ファ

「ソ」から始まる音階をGミクソリディアンスケール
,ラ,シ,ド,レ,ミ,ファ,

「ラ」から始まる音階をAエオリアンスケール
,シ,ド,レ,ミ,ファ,ソ,

「シ」から始まる音階をBロクリアンスケール
,ド,レ,ミ,ファ,ソ,ラ,

と呼びます。

また、スケールは
「音階の始まり」+「スケール名」
と名付けられます。

全部メジャースケールじゃないの?

全部一緒に見えますが違います。
スケール(ただの音階の意)は
「音階の始まり」+「スケール名」
と名付けられると説明しましたが、
モード(曲のイメージを作る旋法)というのは、
「中心音」+「スケール名」
で曲が展開されることをいいます。
具体例を見ていきましょう。

それでは全ての「音階の始まり」を「中心音」に変えてみます。
Cアイオニアンモード(=メジャースケールのこと)
,レ,ミ,ファ,ソ,ラ,シ,

Cドリアンモード
,レ,ミ♭,ファ,ソ,,シ♭,

Cフリジアンモード
,レ♭,ミ♭,ファ,ソ,ラ♭,シ♭,

Cリディアンモード
,レ,ミ,ファ♯,ソ,ラ,シ,

Cミクソリディアンモード
,レ,ミ,ファ,ソ,ラ,シ♭,

Cエオリアンモード(=マイナースケール)
,レ,ミ♭,ファ,ソ,ラ♭,シ♭,

Cロクリアンモード
,レ♭,ミ♭,ファ,ソ♭,ラ♭,シ♭,

と変わりますね。
また、モードの特徴的な音を示す音を特性音と呼びます。

あなたが演奏家だったとして…
「この曲はkey=Cで!」と言われたら、普通は「あ、中心音ドから始まるメジャースケール(アイオニアンモード)を弾けばいいのね!」となりますよね。

もし「この曲はkey=Cのリディアンで!」と言われたら「中心音ドから始まるリディアンモードで弾けばいいのね!」とならなければなりません。

違いが分かるでしょうか。CメジャースケールとCリディアンスケールの違いは4つめの音で「ファ」の音を使うか、「ファ#」の音を使うかですよね。
だから「key=Cのリディアンで!」と言われているのに「ファ」の音を使ってしまうと怒られてしまいます。

モードの特徴的な音を示す「特性音」を効果的に使うことによって、そのモード独特のイメージを作り出すことが出来ます。

特性音を活かした曲作り

特性音を活かした曲作り

曲って普通は「メジャースケール」ですよね。
なので作曲者がいくら「この曲はkey=Cのリディアンモードなんだよ!」と主張しても、しっかりとモード特有の特性音が活かされていないと簡単にメジャースケールに聞こえてしまいます。
ここでは、中心音がメジャースケールに取られないようなメロディの付け方、コードの付け方を学びましょう。

特性音を活かすメロディの付け方

まずは、モード感のあるメロディを付けるにやってはいけない事を考えてみましょう。

key=Cのメジャースケールだなと強く感じる場所は
「シ」→「ド」
導音から半音上がって中心音にて解決する動きです。
つまり、モード感のあるメロディとはこの動きをしなければいいのです。
具体例を見てみましょう。

Cドリアンモード
,レ,ミ♭,ファ,ソ,ラ,シ♭,
で、半音上がる音は「ラ」→「シ♭」ですよね。
ドリアンモードでこう動かしてしまうと一発でメジャースケールに聴こえてしまいます。
なので、「ラ」→「ソ」と逆に動いてみたり、「ラ」→「ミ♭」とマイナースケールの音(3rd)に飛ぶことで特性音が明らかになるような動きをしてみたり、とドリアンモードであることを主張しなければなりません。

特性音を活かすコードの付け方

次は、モード感のあるコードを付けるのにやってはいけない事を考えてみましょう。
結論として、進行先が分かってしまうようなコード進行はダメです。

メロディの付け方でも言いましたが、
「シ」→「ド」
と導音から半音上がって解決してはメジャースケールに聴こえてしまいます。
「シ」→「ド」というのは「不安定→安定」という動きでコード進行にすると、
G7」→「C
です。
つまり、ドミナントをトニックで解決してはいけません。
また、ドミナントを鳴らすと解決先が分かってしまうので、ドミナント自体もNGです。

では、どのようにコードを付ければいいのでしょうか。
モードであることを示したいわけですよね。
なので、特性音が含まれるコードを鳴らしてあげればいいのです。

例えば、Cフリジアンモードの場合とすれば、
Cm7→D♭
とCm7で主音の「ド」を提示できていますよね。
次のD♭ではフリジアンの特性音「レ♭」を提示できています。

気を付ける点として、コード進行はすぐにメジャースケールに取られてしまいそうになるので、特性音の提示が出来ればいらない事はあまりしない方がモードとしての音楽は映えます。

スポンサーリンク

チャーチモードにはないスケール

チャーチモードにはないスケール

教会旋法のスケールは「メジャースケールから派生したスケール」から生まれました。
では、他にスケールを生み出すにはどうすればいいでしょう。

答え「メロディックマイナー、ハーモニックマイナーから派生から派生させる」

ハーモニックマイナーってなに?

ハーモニックマイナーとは、マイナースケールの7音目を半音上げたものです。
Cマイナースケール
,レ,ミ♭,ファ,ソ,ラ♭,シ♭,

Cハーモニックマイナースケール
,レ,ミ♭,ファ,ソ,ラ♭,シ,

導音のシは音楽的に気持ちよいもの」と認識することから機能和声が始まりました。そこで「よく使われるマイナースケールだけど、導音がないから導音を付け加えてみようよ」と7音目を半音上げます。
こうしてハーモニックマイナ―は生まれました。

メロディックマイナーってなに?

メロディックマイナーとは、マイナースケールの6音目と7音目を半音あげたものです。
Cマイナースケール
,レ,ミ♭,ファ,ソ,ラ♭,シ♭,

Cメロディックマイナースケール
,レ,ミ♭,ファ,ソ,ラ,シ,

ハーモニックマイナーの6音目と7音目って音の間が空きすぎてメロディ作りづらいから、6音目もついでに上げちゃおっか」とメロディックマイナーが作られました。

実際に派生した音階を見てみる

実際にメジャースケールから7つのスケールを生み出したように、ハーモニックマイナー、メロディックマイナーからそれぞれ生み出します。
自分が一番見やすいと思ってるサイトを貼っていますのでそちらで確認してみてください。

参考:スケール・リファレンス|ミュジオリー音楽理論

モードの解説まとめ

・教会旋法はメジャースケールから7つ生まれる。

・中心音を決めて教会旋法を使うとモード音楽になる。

・モードで作曲するなら特性音を活かす

・ハーモニックマイナーやメロディックマイナーからも派生した音階がある。

ポップスしか作らない方でも、教会旋法やハーモニックマイナーやメロディックマイナーから派生するスケールを知っていれば、モーダルインターチェンジやアヴェイラブルノートスケールへの応用ができます。

参考:モーダルとコーダルの説明と応用【徹底解説】(記事後半にモーダルインターチェンジの解説)

参考:アヴェリラブルノートスケールについて(近日公開予定)

関連タグ

共有

スポンサーリンク