ドラムの打ち込み方を分かりやすく解説【基本から応用的なコツまで】

ドラムってどうやって打ち込んでるの?コツとか知りたいな

こんな疑問をお持ちの方へ。

本記事ではドラムの打ち込みについてまとめました。
ポップスを作りたい方はしっかり身に着けておきましょう。

スポンサーリンク

ドラムセットの種類と基本的なリズム

ドラムセットの種類と基本的なリズム

キック、スネア、タム、ハイハット、シンバル

この5つ分かれば、とりあえずOKです。

基本的には「キック」「スネア」「ハイハット」でリズムを鳴らします。
タムシンバルはアクセントとして使われることが多いです。

①4つ打ち【ドラムの打ち込み方】

4つ打ち【ドラムの打ち込み方】

4つ打ちは「一小節にキックを4回鳴らしてる」リズムです。

めちゃくちゃ簡単ですよね。
ポップスの4つ打ちはこのキックを基本としてスネアやハイハットを鳴らしていきます。↓

②8ビート【ドラムの打ち込み方】

8ビート【ドラムの打ち込み方】

8ビートは「一小節の中で8回鳴らすようなリズム」です。

基本的にハイハットで8回鳴らすことが多く、またアクセントとしてオープンハイハットで鳴らすこともあります。
アクセントを「1,5つ目」に持ってきたり「3,7つ目」に持ってきたり、それぞれに違う印象があるので一度お手持ちのDAWで試してみて下さい。

8ビートでドラムを鳴らすとこんな感じ↓

③16ビート【ドラムの打ち込み方】

16ビート【ドラムの打ち込み方】

8ビートと同じように、16ビートは「一小節で16回鳴らすようなリズム」のことです。

個人的なイメージですが、力強さが欲しい時は8ビート、繊細さや爽やかさが欲しい時は16ビートが合います。

④3+3+2のリズム【ドラムの打ち込み方】

3+3+2のリズム【ドラムの打ち込み方】

アクセントが「●〇〇●〇〇●〇と3+3+2になってるリズム」が3+3+2です。

ポップスでは頻出のリズムで、ドラムで使うだけではなく、ベースやピアノでこのリズムを使うことも多々あります。

「4つ打ちとか8ビートだけだと何かダサさいなぁ」って感じたら3+3+2を使ってみると良いかも。

⑤PPPH【ドラムの打ち込み方】

1:00~から始まる「パン、パパン、ヒュー!」のリズムです。

いやアイドルソングとか作らないしって思う方でも、リスナーのリズムの乗り方を把握しておくだけでも結構役立ちます。

アイドルソング作りたいならコールの知識は必須です。
ガチ恋口上は特に最後の「ア・イ・シ・テ・ルー!」分の一小節を作らないとコール入れられないので、こういう知識も抑えておくと作風の幅は広がりますね。

ドラムの打ち込み方のコツ【応用編】

ゴーストノート(グレースノート)【ドラム打ち込みのコツ】

今まで紹介してきたリズムに「聴こえるか聴こえないかくらいの音量のスネアやハイハットを差し込む音」のことをゴーストノートと呼びます。

odasisさんのブログが分かりやすかったので紹介します。
【④ゴーストノートを打ち込む】ドラム打ち込みのコツまとめ。

むやみにゴーストノートを入れるより、ここは必要だな!と思った箇所に入れると効果的です。

キメ【ドラム打ち込みのコツ】

キメは曲中に使うアクセントの事で「全体がストップしたり、全体で同じリズム」を演奏します。

言葉では分かりづらいと思うので、ヒャダインさん作曲の「ボカロがライバル☆」を参考に解説していきます。

それでは、まず初めにキメなしバージョンから。

四つ打ちにメロディとベースだけ鳴っています。

次はキメありバージョン

0:08くらいがキメです。
キックもベースもメロディも一緒に動いていますよね。

こちらが原曲で1:30~サビです。

基本的にメロディに合わせてキメを作りますが意外と難しく、キメの意識をしていないと最適な部分でキメられないことも多々あります。

必要な部分でキメを作れるようになったら完全に初心者からは抜け出せていると思います。それくらい大事です。

以上でドラム編は終わりです。

細かいこと技術は他にもありますが、とりあえず抑えておけば良いポイントだけを抑えました。
ドラムの打ち込み力を上げたいなら耳コピするのもオススメです。

共有

スポンサーリンク