【DTM初心者でも分かる】セカンダリドミナントの説明と使い方【徹底解説】

「セカンダリドミナントってなに?」
「使いこなせるようになって、作曲の幅を広げたい!」

この記事では、これらの疑問を解決するためにDTM初心者の方でも分かりやすくセカンダリドミナントについて解説していきます。今より作風を広げたい方や理解度を深めたい方はぜひ記事をご覧ください。
またkey=Cとして解説しています。

スポンサーリンク

【DTM初心者でも分かる】セカンダリドミナントの説明と使い方【徹底解説】

【DTM初心者でも分かる】セカンダリドミナントの説明と使い方【徹底解説】

①セカンダリドミナントの使い方

②セカンダリドミナントの成り立ち

③セカンダリドミナントの実際の使用例

と順序立て、段階を踏んでより深く理解できるように解説していきます。

セカンダリドミナントの使い方

結論として「あるコードの前に四度下の7thを鳴らす」使い方です。
しっかりとした進行感や、「次の進行から盛り上がるぞ」という高まりが欲しい時によく用いられます。
それでは、実際にコードの例を見てみましょう。

実際に使う例は後で記述するとして、
key=Cのメジャーから出せるコードは(Bm7CM7は除いて)
FM7
G
Am7
Dm7
Em7
といったコードにセカンダリドミナントを付けてみます。

「四度下の7thを前に鳴らす」だけです。
セカンダリドミナント→解決
C7FM7
D7G
E7Am7
A7Dm7
B7Em7

特に難しいことはしていません。ただ数が多いだけで全く難しいことはしていません。落ち着いて比べてみてください。

なんでCM7とBm7を除いて考えたの?

CM7のセカンダリドミナント
G7CM7
です。G7というのはkey=Cのドミナントなので、セカンダリドミナントではありません。

また、Bm7のセカンダリドミナント
F#7Bm7
です。F#7は構成音が「ファ#」「ラ#」「ド#」「ミ」と、#がつく音が多くポップスではほとんど聞かないコードなので省略させてもらいました。

セカンダリドミナントの見分け方

結論として「G7以外の7thは、ほぼセカンダリドミナント」
G7は普通のドミナントですが、key=CのメジャースケールからではG7以外の7thがでてきません。

例えば、
CE7Am7Gm7 C7
FEmDm7 D7G7
というコード進行があり、この中にあるセカンダリドミナントは、
E7C7D7
です。G7は普通のドミナントなので違いました。
見分け方すごく簡単ですよね。

セカンダリドミナントの成り立ち

セカンダリドミナントは「ドミナント→トニックの解決力を利用している」だけ。
ドミナントトニックを知っていれば特に難しいことはありません。

例えば、key=Cの進行
C7FM7
で考えてみます。
これはkey=Fにしてみると、C7はkey=Fだと普通のドミナントなので機能は
C7FM7
と変わりますよね。
つまり、曲中でこの進行が使われた場合、ここだけ部分的に転調しているのです。

また、他のセカンダリドミナントも同じです。
E7Am7
の場合もkey=Aで見ると、機能は
E7Am7
となります。

実際に使われるセカンダリドミナントの例

>セカンダリドミナント
ポップスでしたら、どんな曲でもほぼ入っています。

セカンダリドミナントを応用してみる

セカンダリドミナントを応用してみる

セカンダリドミナントを応用できれば、もっと多くの和音を理解して扱えるようになります。

セカンダリドミナントと裏コードを一緒に使う

セカンダリドミナントと裏コードを同時に使うテクニックを紹介します。
裏コードが分からない方はこちら
参考:ドミナントの説明(近日公開)

例えば、
EmA7Dm
というコード進行があるとします。
A7セカンダリドミナントですね。また、これはkey=Dのドミナントのことでした。

ドミナントは裏コードに変えることができます。
つまりA7裏コードに変えると、
EmE♭7Dm
になります。
このように組み合わせると簡単にベースクリシェを作ることができます。

セカンダリドミナントを連続で使う

セカンダリドミナントを連続で使ってみます。
D7G7
この進行はドミナントの前にセカンダリドミナントを使っていますよね。
この使い方をするセカンダリドミナントのことをダブルドミナントと呼びます。

ダブルドミナントをもう一つ増やしてみましょう。
A7D7G7
となりました。やっていることは、
ドミナントからトニックに綺麗に移れたわ~!でも今いるところ、実はトニックじゃなくてドミナントっぽいから、もう一回トニックに行ってみるね~!」
これを無限ループしているわけです。
また、ずっと増やしていくと一周することもできます。

この連続で使うテクニックは転調のキッカケにもなることもあります。上手い使い方が思いついたら実践で使ってみましょう。

関連タグ

共有

スポンサーリンク