『Share the light』のコード進行が面白すぎる話【田中秀和】

スポンサーリンク

『Share the light』のコード進行が面白すぎる話【田中秀和】

作詞:只野菜摘 / 作曲:田中秀和(MONACA)
テレビアニメ「アサシンズプライド」OP主題歌
Run Girls, Run! のニューシングル『Share the Light』

クレジットでよく見る「只野菜摘×田中秀和」の最強タッグですね。

アサシンズプライド OP『Share the light』のおすすめポイント

サビがFutureBassの編曲で、好きな人には堪らない曲だと思います。
Am7G#m7Dm/G
って半音の平行移動がまんまFutureBassで頻出のコード進行です。

最近の田中秀和といえばaugコードなのですが、まぁやっぱり沢山使われています。
イントロ終わりはEaug/B♭で、サビにはCaugです。
一見普通なのですが、とても面白い使い方をしているコードがあって胸熱な曲になってます。

ポップスではレアなコード進行も使われています。
B♭7+11omit5で、機能としてはドミナントですね。
今まで使われてそうで使われていなかった和音で、ソシャゲ的に言うとスーパーレアくらいのレア度はあるとおもいます。

『Share the light』のコード進行を解説【田中秀和】

『Share the light』のコード進行を解説【田中秀和】

全てkey=Cに戻して解説しています。

『Share the light』のコード進行を解説【頭サビ】

【頭サビ】(0:10~)
AmM7 |B♭7+11 |AmM7 |B♭7+11 |
AmM7 |B♭7+11 |AmM7 |B♭7+11 Eaug/B♭|

いきなり何が起きてるんだって話ですよね。

コードネームを簡単にすると
Am |B♭7 |Am |B♭7 |
となりますね。

B♭7はE7の裏コードなので、代理することができます。
つまり、
Am |E7 |Am |E7 |
と「ドミナント→トニック」を利用した進行しているだけなんですね。

M7th♭5thなどのテンションを加えて、雰囲気が醸し出されています。

この「7th(#11)コード」で「リディアンドミナントスケール」が使われています。

リディアンドミナントスケールとは、Cメジャースケールの「ファ」を半音上げて「ファ#」に、「シ」を半音下げて「シ♭」にしたものです。
リディアンスケールとミクソリディアンの良い所だけ搾り取ったイメージで良いと思います。

『Share the light』のコード進行を解説【イントロ】

【イントロ】(0:20~)

FM7 |Em7 G#dim7 |Am7 G#m |Dm/G Caug |
FM7 |Em7 G#dim7 |Am7 G#m |Dm/G Caug |

よくある進行ですね。
4-3-6-1進行を代理している感じです。

G#dim7E7の代理で、CaugC7の代理ですね。

頭のFM7ウィーン↓って一瞬止まる感じが良くて神過ぎるなと。

一小節ずつシッカリ止めているので、Aメロの解放感が強調されています。

『Share the light』のコード進行を解説【Aメロ】

FM7 |FM7 |E7sus4 |E7 |
Am7 |C/G |FM7 |FM7 |
Bm7 |B♭7(#11) |Am7 |E♭dim7 |
Dm7 |Em7 |FM7 |E7 B♭7(#11) |

こちらは4-3-6進行から始まります。

Bm7B♭7(#11)Am7
は簡単にすると、
Bm7E7Am7
とkey=Aの2-5-1進行になっています。

そのあとのE♭dim7D7の代理として使っています。

Bm7の「先を進む」でメロディが一気に高くなり、超えるので曲が展開されるイメージが出ていますね。
「ピアノ」「ギター」の二つの楽器しか使っておらず、絶対Bメロとサビで気持ちよくなれるやつだ…って思います。

『Share the light』のコード進行を解説【Bメロ】

AM7 |AM7 |FM7 |FM7 |
Dm/G |G7 |CM7 |E7 |
AM7 |AM7 |FM7 |FM7 |
Dm/G |G7 |Asus4 |A |

Bメロ頭がAM7で始まっていると転調感が出ますが、そのあとFM7に解決していますが、ここは部分転調しているよりAにM7thを足したと考えた方が楽です。

後は2-5-1進行だったり、2-5-6進行だったりで繋ぎます。
Bメロは四つ打ちで、サビでの一回一回丁寧に止まる構成と対比されていてます。サビの「サビですよ!みんな盛り上がって!」って感じが凄いんですよね。
ほんと田中先生はBメロを作るのが上手すぎる…

『Share the light』と関連する曲

『秋色ツイード』【石濱翔】

作詞:只野菜摘 / 作曲・編曲:石濱翔(MONACA)
Run Girls, Run! の3rdシングルのカップリング曲です。

哀愁漂う曲で、全力で涙腺に攻撃してきます。
FutureBass的なリズムで曲構成的は若干似てますね。

『Knock out』【田中秀和】

作詞:只野菜摘 / 作曲・編曲:田中秀和(MONACA)

メロディが半音の動きで不安定になったり解決したり面白い曲です。
あと田中秀和さんの曲は「美しさの中に汚れもある曲」ってイメージが強いですね。

spotifyは途中で広告が入っても良いなら無料で聴けるので、登録だけしておいても良いかもしれません。
学割なら月額480円なので、月に1回スタバ我慢すれば余裕で有料会員になれますね。

スポンサーリンク

以上で『Share the light』のコード進行解説記事は終わりです。

他にも作曲の田中秀和さんが作った曲の解説をしているので、気に入って頂けたらこちらもご覧ください。

【田中秀和】「カレンダーガール」のコード進行【徹底解説】

【田中秀和】「灼熱スイッチ」のコード進行【徹底解説】

関連タグ

共有

スポンサーリンク