【田中秀和】「Star!!」のコード進行【徹底解説】

この記事は、作曲・編曲:田中秀和の「Star!!」のコード進行の解説をします。
また、簡単のため「Key=C」に移調して解説しています。
機能としてトニックはC、サブドミナントはF、ドミナントはGの色分けしています。セカンダリドミナントはE7とします。
しかし、同じコードでもクラシック目線、ジャズ目線で異なる機能を持つことが多いので、参考程度に見てください。

スポンサーリンク

「Star!!」の動画とコード進行 【田中秀和】

コード進行の全体像を見る

【サビ頭】
C |Bm7 E7 |Am7 |Gm7 Caug/F# |
F G/F |Em7 A7 |Dm7 |Dm7/G |

【イントロ】
G#/Bb B/C# D/E |F/G G#/Bb |Cm9 |F7 |

(長二度下へ転調)
C |Bm7 E7 |Am7 |Gm7 C9 |
FM7 G |Em7 A7 |Dm7 |F/G Ab Bb |

【Aメロ】
C |Caug |C6 |C7 F#m7-5 |
FM7 |C/E Ebdim7 |Dm7 |G7 |
C |Caug |C6 |C7 F#m7-5 |
FM7 |Em7 Am7 |Dm7 F/G |C C/Bb |

(短三度上へ転調)

【Bメロ】
FM7 |G G/F |Em7 |A7b9 |
G# |G# |Gsus4 |G |
C#m7-5 |F#7 |

(短二度下へ転調)

【サビ】
C |Bm7 E7 |Am7 |Gm7 Caug |
F G/F |Em7 A7 |Dm7 |Bb Dm7/G |
C |Bm7 E7 |Am G#aug |C/G F#m7-5 |
F G |Em7 A |Dm7 |G7 |

【サビ頭】「Star!!」のコード進行を解説【田中秀和】

【サビ頭】「Star!!」のコード進行を解説【田中秀和】

C |Bm7 E7 |Am7 |Gm7 Caug/F# |
F G/F |Em7 A7 |Dm7 |Dm7/G |

サビ頭では、本サビの後半のメロディを用いています。
それでは解説していきます。

【一行目】カノン進行を代理と部分転調でリハモ【サビ頭】

C |Bm7 E7 |Am7 |Gm7 Caug/F# |

本来はカノン進行で、この進行はリハモしたものです。

 リハモとは?
リハーモナイズのことで、コード進行を代理や部分転調を用いて違うコード進行に変えることです。

着地点がAm7Fで、その和音に向かって2-5-1進行をします。
Bm7E7Am7
Gm7C7F
となり、この作られた2-5進行を挟みます。また、ここのC7中心軸システムによって代理され、Caug/F#と変えられます。

参考:コード機能の説明と解説【音楽理論】

Caug/F#別名blkコードと呼び、F#blkという表記も可能です。

 blkコードとは?
コードネームが(9th,#11th)omit5のコード進行の事をいいます。
augコードトーンから見て減五度の音間となる音をベースに持ってきて作られます。

【二行目】4-5-3-6と2-5の組み合わせ【サビ頭】

F G/F |Em7 A7 |Dm7 |Dm7/G |

このコード進行は4-5-3-6進行に見せて、2-5進行を用いる部分転調も行っています。
G/FG7FM7の代理コードとして用いられます。
また、
Em7A7Dm7
key=Dの2-5-1進行になっています。

最後のDm7/GG7の代理として用いられます。
強拍のメロディが「ド」の時にG7を使ってしまうとコードトーンの「シ」と半音でぶつかってしまいます。そういう時に「シ」がコードトーンにないDm7/Gが用いられます。

スポンサーリンク

【イントロ】「Star!!」のコード進行を解説【田中秀和】

【イントロ】「Star!!」のコード進行を解説【田中秀和】

G#/Bb B/C# D/E |F/G G#/Bb |Cm9 |F7 |

(長二度下へ転調)
C |Bm7 E7 |Am7 |Gm7 C9 |
FM7 G |Em7 A7 |Dm7 |F/G Ab Bb |

二行目・三行目はサビとほとんど同じですが、一行目は意味が分からない分数コードがめちゃくちゃありますね。
それでは、一行目から説明していきます。

【一行目】実はめっちゃ簡単!部分転調してるだけ【イントロ】

G#/Bb B/C# D/E |F/G G#/Bb |Cm9 |F7 |

分数コードが沢山ありますが、実はこれ全てF/Gなのです。
F/GというのはG7代理コードとして用いられます。
それでは、この進行の仕組みを解説していきます。

F/G短三度上げるとG#/Bbです。
さらに短三度上げるとB/C#です。
さらに短三度上げるとD/Eです。
さらに短三度上げるとF/Gと元に戻りますね。

このようにF/Gだけで短三度の転調を繰り返しているわけです。
また、中心軸システムによると、ドミナント軸を回転移動しているだけなので分かりやすいですよね。

最後のCm9F72-5進行です。
key=Cに戻して考えると、
F/GAm9D7G(二行目頭)
ドミナント→トニックと繋げ、マイナーコードを利用して2-5-1進行をしているだけです。
また、転調先からみると、
B♭/CDm9G7C(二行目頭)
となり、2-5-1進行で綺麗に繋がっています。

【二行目・三行目】最後の2つは同主調借用【イントロ】

C |Bm7 E7 |Am7 |Gm7 C9 |
FM7 G |Em7 A7 |Dm7 |F/G Ab Bb |

この部分はサビとほぼ同じです。
C9C7代理として用いられ、FM7セカンダリドミナントです。

最後のA♭B♭同主調から借用された和音です。
また、ここはスケールトーンモーションによってCまで駆け上がります。

 スケールトーンモーションとは?
スケールの音を1音ずつ上がって(または下がって)いくコード進行のこと。

【Aメロ】「Star!!」のコード進行を解説【田中秀和】

【Aメロ】「Star!!」のコード進行を解説【田中秀和】

C |Caug |C6 |C7 F#m7-5 |
FM7 |C/E Ebdim7 |Dm7 |G7 |
C |Caug |C6 |C7 F#m7-5 |
FM7 |Em7 Am7 |Dm7 F/G |C C/Bb |

【一行目】王道の上昇クリシェ【Aメロ】

C |Caug |C6 |C7 F#m7-5 |

ここは上昇クリシェです。
C五度が半音ずつ上がっていきます。
この上昇クリシェはポップスではよく使われるので、覚えておくと良いかもしれません。

最後のF#m7-5FM7代理コードとして使われます。
なので実質、
C7FM7
セカンダリドミナントで強進行しているだけです。

【二行目】パッシングディミニッシュで半音進行【Aメロ】

FM7 |C/E Ebdim7 |Dm7 |G7 |

C/EC転回系Em7代理としても用いられます。
Em7コードトーン「シ」の音が含まれないため、ストレートで元気な響きを出せます。

E♭dim7パッシングディミニッシュです。
ベースが「ミ」→「ミ♭」→「レ」半音で下降させたいときに使います。
今回はメロディに「ド」が使われていて、この音はE♭dim7のコードトーンにもあるので綺麗に響きます。

【四行目】最後は スケールトーンモーションを利用して転調【Aメロ】

FM7 |Em7 Am7 |Dm7 F/G |C C/Bb |

Bメロでは転調しています。そこで、どのように転調しているのか詳しく解説していきます。

Aメロから見ると、
CC/B♭A♭M7(Bメロ)
となっています。
ベースが「ド」→「シ♭」→「ラ♭」Cマイナーのスケールトーンに沿って一音ずつ下がります。
このようにスケールトーンモーションに見せかけておいて、実は転調してるテクニックは良く使われます。
また、Bメロから先ほどのコード進行を見ると、
AA/GFM7
となっています。

スポンサーリンク

【Bメロ】「Star!!」のコード進行を解説【田中秀和】

【Bメロ】「Star!!」のコード進行を解説【田中秀和】

FM7 |G G/F |Em7 |A7b9 |
G# |G# |Gsus4 |G |
C#m7-5 |F#7 |

Bメロは凝ったコード進行になっています。
一見難しそうですがそんな事はないので、分かりやすく解説していきます。

【一行目】4-5-3-6進行してるだけ【Bメロ】

FM7 |G G/F |Em7 |A7b9 |

ここは4-5-3-6進行ですね。
5にG/Fを挟んでいますが、これはG7転回系Em7へ進行するのに、ベースの繋がりを良くするために転回しています。

最後のA7♭9セカンダリドミナントです。
またテンションに♭9thが乗っていて、「A-HMP5Bスケール」を用いています。

参考:アヴェイラブルノートスケールってなに?【音楽理論】

【二行目・三行目】サビへ向かって一気に盛り上げる【Bメロ】

G# |G# |Gsus4 |G |
C#m7-5 |F#7 |

G#D7裏コードとして用いられています。
一行目の繋がりを見てみると、
A7D7G
D7裏コードに代理されて、
A7G#G
となっていると考えてください。

三行目で転調するモーションで2-5進行を行っています。
Bメロから見ると、
C#m7-5F#7B
となっていて、サビから見ると、
Dm7-5G7C
となっています。

最後は、GC#m7-5の繋がりを考えてみましょう。
C#m7-5中心軸システムによるとドミナントです。なのでここは、ドミナント→ドミナントマイナーという進行になっています。

【サビ】「Star!!」のコード進行を解説【田中秀和】

【サビ】「Star!!」のコード進行を解説【田中秀和】

C |Bm7 E7 |Am7 |Gm7 Caug |
F G/F |Em7 A7 |Dm7 |Bb Dm7/G |
C |Bm7 E7 |Am G#aug |C/G F#m7-5 |
F G |Em7 A |Dm7 |G7 |

【一行目】augは大体7thの代理コード【サビ】

C |Bm7 E7 |Am7 |Gm7 Caug |

一行目のお尻にCaugがあります。
これはC7代理として用いられます。

【三行目】下降クリシェでクライマックス感を出す【サビ】

C |Bm7 E7 |Am G#aug |C/G F#m7-5 |

後半の、
AmG#augC/GF#m7-5
下降クリシェと呼ばれます。
「ド」「ミ」を保留したまま、ベースだけ「ラ」→「ファ#」まで半音で下降しています。

スポンサーリンク

【田中秀和】「Star!!」のコード進行の解説まとめ

Bメロからサビへの転調は減五度下のm7-5をピボットコードにしています。今回は短二度下への転調でしたが、中心軸システムを使って応用すれば、長二度上や完全四度上、長三度下へと転調できるかもしれません。

関連タグ

共有

スポンサーリンク