【大石昌良】「ようこそジャパリパークへ」コード進行【徹底解説】

この記事は、作曲・編曲:大石昌良の「ようこそジャパリパークへ」のコード進行の解説をします。
また、簡単のため「Key=C」に移調して解説しています。
機能としてトニックはC、サブドミナントはF、ドミナントはGの色分けしています。セカンダリドミナントはE7とします。
しかし、同じコードでもクラシック目線、ジャズ目線で異なる機能を持つことが多いので、参考程度に見てください。

スポンサーリンク

「ようこそジャパリパークへ」の動画とコード進行【大石昌良】

コード進行の全体像を見る

【頭サビ】
C |E7 |Am7 G#m7 |Gm7 C7/G|
F |C/E |Dm7 |G |C |

【Aメロ】
C |C/Bb |G#7 |G7(#9) |
Cm |Cm |Cm |Cm |
C |C/Bb |G#7 |G7(#9) |
Cm |Cm |F F# |G |

【Bメロ】
F#m7-5 |Fm6 |Em7 |C#dim7 |
Dm7 |C/E |Fm7 |G |

【サビ】
C |Bm7-5 E7 |Am7 G#m7 |Gm7 C7/G|
F |C/E |Dm7 |G |
C |Bm7-5 E7 |Am7 G#m7 |Gm7 C7/G|
F |C/E |Dm7 |G |
G#6 |G#6 |C/G |C#dim7 |
Dm7 |Dm7 |Dm7-5/G |Dm7-5/G |

【アウトロ】
FM7 |G9 |Em7 |D#7 |
Dm7 |G7 |C |C7 |
×4
Dm7 |G7 |C |

【サビ頭】「ようこそジャーパリパークへ」コード進行を解説【大石昌良】

【サビ頭】「ようこそジャーパリパークへ」コード進行を解説【大石昌良】

C |E7 |Am7 G#m7 |Gm7 C7/G|
F |C/E |Dm7 |G |C |

カノン進行の亜種の進行になっています。
ややこしいですが、一つ一つ紐解いていけば分かりやすくなります。

【一行目】カノン進行をリハモしまくった進行形【サビ頭】

C |E7 |Am7 G#m7 |Gm7 C7/G|

カノン進行の前半部分をリハモしまくった形になっています。

 リハモとは?
リハーモナイズのことで、コード進行を代理や部分転調を用いて違うコード進行に変えることです。

カノン進行の前半部分は、
C |G/B |Am7 |C/G |F |
とベースが「ド→シ→ラ→ソ」とスケールトーンを下っていきます。

次はカノン進行の着地点を決め、その着地点に向かって2-5-1進行をします。
着地点は一小節ごとに決めます。大体の曲はAm7Fです。
Bm7-5E7Am7
Gm7C7F
を挿し込んで、
C |Bm7-5 E7 |Am7 |Gm7 C7 |
が作られます。

Bm7-5は省略され、C7は転回されC7/Gと変化します。
C |E7 |Am7 |Gm7 C7/G|

これではまだAm7Gm7の間にG#m7が挟み込まれていませんね。
後はこれをクロマチックアプローチで差し込むだけです。
Am7G#m7Gm7

このクロマチック的な進行はフューチャーベースなどにも良く出てきます。

 クロマチックアプローチとは?
「音」→「音」が全音の動きで動くときに間に「半音」を挟むこと。
例えば「ソ」→「ファ」の間に「ソ」→「ファ♯」→「ファ」と半音を差し込むテクニック。
また、この差し込む半音はスケール音じゃなくても良くて、なんなら微分音でも構いません。

【二行目】カノン進行の後半部分【サビ頭】

F |C/E |Dm7 |G |C |

カノン進行の後半部分です。
前半でリハモしまくった分、後半はゆるやかにスッキリしています。

C/Eはメロディが「ド」の音の時にEm7の代理として用いられます。
ここでは
「バッ」「タン」
「ソ」「ド」
とメロディがドを鳴らしているので、Em7「シ」とぶつからないようにC/Eに代理していると考えられます。

全体的に見ると「ファ→ミ→レ」とスケールトーンを下っています。
最後はシッカリ2-5-1進行で終止感を出しています。

スポンサーリンク

【Aメロ】「ようこそジャーパリパークへ」コード進行を解説【大石昌良】

【Aメロ】「ようこそジャーパリパークへ」コード進行を解説【大石昌良】

C |C/Bb |G#7 |G7(#9) |
Cm |Cm |Cm |Cm |
C |C/Bb |G#7 |G7(#9) |
Cm |Cm |F F# |G |

7thを多用してジャジーなイメージになっています。
このイメージによって、しっかりフレンズの野生味あふれる魅力を出せています。

またここでは、トニックセブンスと呼ばれるブルース特有のコードを用いています。

【一行目】ジャジーで一気に野生味を出す【Aメロ】

C |C/Bb |G#7 |G7(#9) |

リハモされているので、分かりやすく元に戻してみましょう。
ちなみにめっちゃ簡単になります。

元に戻すと、
C |C7 |D7 |G7 |
ね?超簡単でしょ?

ちなみにこのC7「トニックセブンス」と呼ばれます。セカンダリドミナントではありません
トニックセブンスを解説するには下方倍音を定義する必要があります。(後述)
今はザックリ「元のCにただテンションとして7thを乗せた」とサウンドのカラーを変えるためのテンションだと考えてください。

次はC7転回させ、D7裏コードに変えます。
C |C/Bb |G#7 |G7 |
一気に変えましたが、右はC7の転回、左はD7の裏コードです。

最後にドミナントのG7♯9thのテンションを乗せて完成です。

【二行目】半音ずつ下降するキャッチ―な動き【Aメロ】

Cm |Cm |Cm |Cm |

Cmと表記していますが、ベースが半音ずつ下がっていきます。
また、イントロでも同じような構成が使われていますね。

ベースが半音ずつ下がっていく進行クロマチックアプローチ中心軸システム、どちらでも解釈することが出来ます。

クロマチックアプローチでは“ド→ソまでを分割しているだけ”と見ることができます。
また、中心軸システムでは“トニック→サブドミナント→ドミナント→トニック”と正しく進行していると解釈できます。

参考:【音楽理論】コード機能の説明と解説【中心軸システムは記事後半】

【Bメロ】「ようこそジャパリパークへ」コード進行を解説【大石昌良】

【Bメロ】「ようこそジャパリパークへ」コード進行を解説【大石昌良】

F#m7-5 |Fm6 |Em7 |C#dim7 |
Dm7 |C/E |Fm7 |G |

Bメロはベースが半音で下降しつつ、後半でスケールトーンを駆け上がることで盛り上げています。

【一行目】ベースの半音下降で、次の駆け上がりを強調している【Bメロ】

F#m7-5 |Fm6 |Em7 |C#dim7 |

ベースが「ファ#」「ファ」「」と半音で下降していきます。

F#m7-5C6FM7代理として使われます。
またC#dim7A7代理として用いられます。
つまり、元のコード進行に戻すと、
FM7Fm6Em7A7
になります。

トニック(サブドミナント)サブドミナントマイナー
と経由し、
Em7A7Dm7
key=Dの2-5-1進行という文脈で使われています。

C#dim7A7b9ルート省略して3rdをベースにしたものと考えてください。
上昇パッシングディミニッシュ的な用法です。
参考:パッシングディミニッシュの説明と使い方【徹底解説】

【二行目】スケールトーンを駆け上がってサビへの”タメ”を作る【Bメロ】

Dm7 |C/E |Fm7 |G |

ベースが「レ→ソ」と、スケールトーンを一音ずつ駆け上がります。

Fm7Cマイナーモーダルインターチェンジしていると見ることが出来ます。
ザックリ説明すると、Fm7の部分だけCマイナーに転調しているわけです。

後はスケールトーンに従って上昇していきます。
これをスケールトーンモーションと呼びます。

スポンサーリンク

【サビ】「ようこそジャパリパークへ」コード進行を解説【大石昌良】

【サビ】「ようこそジャパリパークへ」コード進行を解説【大石昌良】

【サビ五・六行目】
G |
G#6 |G#6 |C/G |C#dim7 |
Dm7 |Dm7 |Dm7-5/G |Dm7-5/G |

Gを経由してG#6へと進行します。
ここはテンプレ的なコード進行ではないですが、リハモされて難しく見えているだけなので優しく解説していきます。

【五行目】サブドミナントの浮遊感で感情的なイメージが出せる【サビ】

G#6 |G#6 |C/G |C#dim7 |

GG#6
と進行し、ドミナント→サブドミナントマイナーカデンツを逆行しています。
しかし、ここはCマイナーのスケールトーンモーションをしていると考えましょう。
スケールトーンモーション中のコードは、機能よりどのスケールで動いているかに注意します。

G#6Fm7代理として用いられます。
つまり、代理前の簡単な状態に戻すと、
Fm7 |Fm7 |C |A7 |
となります。

C/Gはベースの繋がりを良くするために転回したと考えます。
「サブドミナントマイナー→トニック」とドミナントを抜かしたカデンツの形です。

【六行目】マイナーっぽい2-5進行で終止感を強める【サビ】

Dm7 |Dm7 |Dm7-5/G |Dm7-5/G |

ベースだけ見ると「」と2-5進行しています。
なのでここは2-5進行を変化させた形と見ると良いです。

コード表記を変えると、
Dm7G7sus4(♭9)
となります。
ここで大事なのは♭9thです。
G7♭9thを乗せるとCマイナーっぽいコードになります。
これを利用して終止感を強めているわけです。

また、メロディでは
君をもっ「とー」「知」「りー」「たーい」「な」
「ラ♭」「ラ♭」「ソー」「レー」「ド」
♭9thの音をしっかり主張しています。

ここは”歌ってみた動画”での間違いベスト1位じゃないかってくらい「ラ♭」を「ラ」で歌っている方を結構見かけます。

【アウトロ】「ようこそジャパリパークへ」コード進行を解説【大石昌良】

【アウトロ】「ようこそジャパリパークへ」コード進行を解説【大石昌良】

FM7 |G9 |Em7 |D#7 |
Dm7 |G7 |C |C7 |
×4
Dm7 |G7 |C |

王道進行と2-5-1進行の組み合わせで成り立っています。
あとはメロがものすごくキャッチ―です。

【一行目・二行目】王道進行と2-5-1進行の最強タッグ【アウトロ】

D#7A7裏コードです。なので簡単に戻すと、
FM7 |G7 |Em7 |A7 |
という進行です。

Em7A7Dm7
key=Dの2-5-1進行から借りてきています。

また、D#7上で「ド」のメロディが使われています。
一見、コードトーンの「ド#(7th)」「ド(13th)」が半音でぶつかりアウトのように見えますが、下が「ド#」上が「ド」だとM7のように響くのでセーフです。

Dm7G7C
と進行したあとは、
C7FM7
セカンダリドミナントで初めに戻ります。

ちなみにメロディの間違えベスト2位は、
ジャパリ「パーク」
ラソミ「ラー」
「ラ」「ソ」の間違えです。

「ソ」で歌った方が終止感や安定感があるので間違ってしまいそうになりますが…

スポンサーリンク

【余話】ブルーノートと下方倍音について

【余話】ブルーノートと下方倍音について

正弦波以外の音には必ず倍音が含まれます。
C3の倍音はC4、G4、C5、E5…です。
つまり、C3を鳴らした時にこれらの音が無限まで小さく鳴っているわけです。

それではパワーコードのように「C4」と「G4」とを一気に鳴らします。
すると、人間の知覚が錯覚を起こし、C3が鳴っているように聴こえます。
これは物理的な音ではなく、心理的に聞こえる音で「ミッシングファンダメンタル」と呼びます。

このミッシングファンダメンタルをさらに下へ拡張したものを下方倍音と捉えてください。
簡単に五度圏の上方倍音を見ていくと「ド」「ソ」「レ」「ラ」…と続きますが、下方倍音の方を見ていくと「ド」「ファ」「シ♭」「ミ♭」…と続きます。

ニューイングランド音楽院教授のジョージ・ラッセルは、親和性の高い上方倍音からスケールを作り上げた“リディアン・クロマチック・コンセプト(通称LCC)”と呼ばれる理論を提唱しました。
このLCCという理論は「親和性の中心となるコードトーン」に対して機械的にリディアン・スケールを当てはめることができます。
しかし、この理論には「重力」と呼ばれる概念から作られており(簡単に「シがドへと着地したい傾性の欲求」的なもの)、重力がない世界の「ブルーノート」は説明することができませんでした。

その後ジョージ・ラッセルは、濱瀬元彦が書いたブルースを理解するため下方倍音を定義し説明を試みる本を高く評価することになります。

その本はLCCでは考えられなかった「下方倍音」を用いた全く新しい方法で説明されています。

これは”難しいのもあって”ネットで調べてもほとんど情報が出てこない物で、単純に見積もっても「長い目で見て、数年後にもかなり役立つ価値」があると思っています。
新品はバカ高いですが、1992年の本なので廃版になる前に買って置くと良いかもしれません。
ブルーノートと調性

関連タグ

共有

スポンサーリンク